JNTO、上半期の訪日客数を発表。2020年の目標に向けて順調に推移

日本政府観光局(JNTO)は、2018年上半期(1月〜6月)の訪日外国人旅行者数を18日に発表しました。

このデータで日本に訪れた外国人旅行者は、1589万8,900人と前年同期から15.6%増加。上半期として初めて1500万人を突破し、6年連続で過去最高の人数を記録しました。

LCCの増便などで訪日客の増加につながる

格安航空会社「LCC」の増便で、主に東アジアや東南アジアからの訪日客が増加。

具体的には、

  • 韓国:401万6,400人:18.3%
  • 中国:405万6,400人:23.6%
  • タイ:60万6,700人:14.3%
  • インドネシア:21万4,100人:15.8%
  • フィリピン:27万5,500人:22.7%
  • ベトナム:19万4,300人:23.7%

の訪日客数と伸び率です。

その他では、

  • ロシア:4万6,400人:29.9%
  • スペイン:4万6,700人:20.1%

の伸び率が高くなっています。

6月でみると、

  • タイ:42.2%
  • インドネシア:46.4%

の前年同月比となり、高い伸び率です。

一方で、6月〜7月には大阪北部地震や西日本豪雨の影響で、各地の観光地に被害が出ています。

その影響で、これまで好調だった韓国の訪日客数の増加率が6.5%に鈍るなど、懸念事項もあるようです。

また、観光庁の田村明比古長官は「近隣諸国では(日本の)情報も多く入り、敏感に反応する。市場動向を注視したい」と、18日の記者会見で述べています。

訪日外国人旅行者数は、このペースでいくと年間3000万人を超える可能性があります。2020年に訪日客4000万人を目標としている政府は、今後も訪日客の増加を促す対策を打ち出していく見込みです。

日本政府観光局について詳しく知りたい方は「日本政府観光局(JNTO)とは?インバウンドビジネスをするなら知っておきたい、国の機関について解説」をご一読ください。

参考:https://www.yomiuri.co.jp/economy/20180718-OYT1T50048.html

関連記事

  1. そごう横浜店 全館無料Wi-Fiサービスを導入します

  2. インバウンド対応に特化した英会話サービスを開始

  3. 中国の検索大手バイドゥがJFNと連携。日本のカワイイ文化を発信

  4. インバウンド需要の拡大に伴い、免税店でのラウンド業務などを代行する新サービスが開始

  5. 浜松地域でキャッシュレス化を推進。訪日客の受け入れ体制を整える

  6. ANA、訪日旅行客向けサイト「Japan Travel Planner」を新設

  7. 福井県、免税店数が70店で全国最下位に、インバウンド誘客に不利

  8. 東北を縦断するサイクリングツアーが実施。インバウンド客を「コト消費」で呼び込む

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP