Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約1分で読めます

汐留、目黒も東京にあるのが分からない?ホテルの名称に「東京」を入れる動きが相次ぐ!

2020年の東京五輪に向けて、都心部にホテルの開業や改装などが相次いでいます。既存のホテルでは、訪日外国人を意識して、ホテルの名称に「東京」を入れる動きも見られます。

▼ホテル名称に「東京」を新しく入れたホテル

  • 2016/07 ホテル グランパシフィック LE DAIBA→グランドニッコー東京 台場
  • 2017/04 目黒雅叙園→ホテル雅叙園東京
  • 2017/12 OMO5 大塚→OMO5 東京大塚
  • 2018/04 ザ ロイヤルパークホテル 汐留→ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留
  • 2018/04 ザ ロイヤルパークホテル 羽田→ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田

訪日外国人から見ると、「台場」「目黒」「大塚」「汐留」などの地名は、地名であることすらわからないかもしれません。日本の首都である東京をホテルの名称に入れることで、当ホテルが東京にあることを自然に訪日外国人に知ってもらうことができます。

これからこういったインバウンドを意識した施設の名称変更や命名がどんどん増加するでしょう。

  • おすすめ記事:

参考:https://airstair.jp/hotel-tokyo-name/

関連記事

  1. ANAが「四国ドライビングツーリズム with ANA」を開始。レンタカー利用の促進で訪日客を地方へ…

  2. 大阪府にある「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産に。インバウンドを含めた観光事業の活性化に拍車がかかる

  3. JTBが関西国際空港で農作物の販売を開始。ECサイトとの連携で売り上げアップを目指す

  4. インバウンド向けのレンタカーサービス開始。観光施設との連携で新たなサービスを展開

  5. 千駄ヶ谷の観光マップを小学生が制作。地元の施設や観光スポットを訪日客へPR

  6. 北海道釧路市が観光客数を発表。「観光立国ショーケース」としてさら訪日客増加を目指す

  7. ホテル大手マリオットと積水ハウスが道の駅にホテルを設置。リピーター開拓が狙いか

  8. 観光庁、インバウンド対応をする宿泊施設のサポート強化へ。支援を利用する事業者の拡大を図る

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP