Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約1分で読めます

汐留、目黒も東京にあるのが分からない?ホテルの名称に「東京」を入れる動きが相次ぐ!

2020年の東京五輪に向けて、都心部にホテルの開業や改装などが相次いでいます。既存のホテルでは、訪日外国人を意識して、ホテルの名称に「東京」を入れる動きも見られます。

▼ホテル名称に「東京」を新しく入れたホテル

  • 2016/07 ホテル グランパシフィック LE DAIBA→グランドニッコー東京 台場
  • 2017/04 目黒雅叙園→ホテル雅叙園東京
  • 2017/12 OMO5 大塚→OMO5 東京大塚
  • 2018/04 ザ ロイヤルパークホテル 汐留→ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留
  • 2018/04 ザ ロイヤルパークホテル 羽田→ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田

訪日外国人から見ると、「台場」「目黒」「大塚」「汐留」などの地名は、地名であることすらわからないかもしれません。日本の首都である東京をホテルの名称に入れることで、当ホテルが東京にあることを自然に訪日外国人に知ってもらうことができます。

これからこういったインバウンドを意識した施設の名称変更や命名がどんどん増加するでしょう。

  • おすすめ記事:

参考:https://airstair.jp/hotel-tokyo-name/

関連記事

  1. 熊本、福岡で枚数限定のICカードが発売。くまモンのデザインで訪日客の関心を誘う

  2. 富士見町開発合同会社とヒルトン、運営契約を締結

  3. 目の前にいる訪日旅行者の声を聞く『訪日Myゲストリサーチ』提供開始

  4. 大阪東急REIホテルにtalkappiを導入。他の企業や自治体でも続々導入

  5. 劇団四季、スマートグラスで多言語字幕サービスを提供 訪日観光客および聴覚障害者への対応にも

  6. 中国人向けビザをオンラインで発給するサービスを導入。業務軽減と訪日客増加を期待

  7. 愛知県がインバウンド向けのモニターツアー実施。農作物の魅力をSNSなどで伝える

  8. JTBが空港内で農産物の販売をスタート。空港とECサイトの連携で販売網を拡大する狙い

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP