汐留、目黒も東京にあるのが分からない?ホテルの名称に「東京」を入れる動きが相次ぐ!

2020年の東京五輪に向けて、都心部にホテルの開業や改装などが相次いでいます。既存のホテルでは、訪日外国人を意識して、ホテルの名称に「東京」を入れる動きも見られます。

▼ホテル名称に「東京」を新しく入れたホテル

  • 2016/07 ホテル グランパシフィック LE DAIBA→グランドニッコー東京 台場
  • 2017/04 目黒雅叙園→ホテル雅叙園東京
  • 2017/12 OMO5 大塚→OMO5 東京大塚
  • 2018/04 ザ ロイヤルパークホテル 汐留→ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留
  • 2018/04 ザ ロイヤルパークホテル 羽田→ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田

訪日外国人から見ると、「台場」「目黒」「大塚」「汐留」などの地名は、地名であることすらわからないかもしれません。日本の首都である東京をホテルの名称に入れることで、当ホテルが東京にあることを自然に訪日外国人に知ってもらうことができます。

これからこういったインバウンドを意識した施設の名称変更や命名がどんどん増加するでしょう。

  • おすすめ記事:

参考:https://airstair.jp/hotel-tokyo-name/

関連記事

  1. インバウンド対応ホテルが地方に続々と開業。訪日客のニーズに合わせた戦略で集客を狙う

  2. 豊岡鞄、東京駅前の複合商業施設に進出。地域ブランドを世界にPR

  3. インバウンド向け両替サービスが提供開始。ローソン「Loppi」から手軽に日本円の換金が可能に

  4. JTBが大阪で新事業を展開。最先端のおもてなしに注目

  5. 蒼井翔太がピューロランドを1日貸切!「しょーたんとキキララのキラキラフェスタ」チケット一般発売スター…

  6. 淡路島、配車サービスUberの導入実験を開始。インバウンド客の利便性アップへ

  7. 自治体や企業の連携によるインバウンドプロモーションが続々登場

  8. 岡山県岡山空港、国際線の大幅増で初の25万人突破

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP