汐留、目黒も東京にあるのが分からない?ホテルの名称に「東京」を入れる動きが相次ぐ!

2020年の東京五輪に向けて、都心部にホテルの開業や改装などが相次いでいます。既存のホテルでは、訪日外国人を意識して、ホテルの名称に「東京」を入れる動きも見られます。

▼ホテル名称に「東京」を新しく入れたホテル

  • 2016/07 ホテル グランパシフィック LE DAIBA→グランドニッコー東京 台場
  • 2017/04 目黒雅叙園→ホテル雅叙園東京
  • 2017/12 OMO5 大塚→OMO5 東京大塚
  • 2018/04 ザ ロイヤルパークホテル 汐留→ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留
  • 2018/04 ザ ロイヤルパークホテル 羽田→ザ ロイヤルパークホテル 東京羽田

訪日外国人から見ると、「台場」「目黒」「大塚」「汐留」などの地名は、地名であることすらわからないかもしれません。日本の首都である東京をホテルの名称に入れることで、当ホテルが東京にあることを自然に訪日外国人に知ってもらうことができます。

これからこういったインバウンドを意識した施設の名称変更や命名がどんどん増加するでしょう。

  • おすすめ記事:

参考:https://airstair.jp/hotel-tokyo-name/

関連記事

  1. 全日空商事の「訪日外国人向けプロモーションパッケージ」第2弾が開始

  2. 関西地区で動画発信やクーポン配布などによるインバウンド誘致。台風被害からの回復をアピール

  3. 「スマホだけで旅行が完結するアプリ」の実験が九州で開始

  4. ホテル大手マリオットと積水ハウスが道の駅にホテルを設置。リピーター開拓が狙いか

  5. 東急ホテルズ、訪日外国人サポートを強化した保険セット宿泊プランを開始 

  6. 株式会社ティ・エ・エスとD2Cが業務提携、WEBやツアーを通じて訪日外国人に日本の観光地をPR

  7. イーライフ、中国人客向け口コミサービスをリリース。AIで的確なターゲティングを目指す

  8. ANAのふるさと納税、6月から新たに14自治体が参加

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP