インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

2018年度上半期インバウンド客の旅行消費額。クルーズ客が増加するも消費は増えず

2018年度上半期の訪日外国人の旅行消費額は、前年比より1%増の1兆1233億円になりました。国別では

  • 中国
  • 台湾
  • 米国
  • 韓国
  • 香港

の順に消費額が大きくなっています。

この調査で、クルーズ客に関する興味深いデータが得られました。一般客に比べて、クルーズ客の消費額が少ないのです。

クルーズ客は一般客に比べて消費額が少ない

旅行支出をみてみると、一般客が14万4082円ですが、クルーズ客は4万501円と3分の1以下です。宿泊費に関しては、一般客が平均で4万2017円であるのに対し、クルーズ客は0円。クルーズ客は船内で宿泊するので、このような結果になったのです。

国別の宿泊費データと比べてみると、

  • 豪州:10万7000円
  • イギリス:10万1300円
  • スペイン:9万円
  • アメリカ:8万円

で、クルーズ客の消費額が低いことがわかります。飲食費や娯楽サービス費も、一般客に比べて圧倒的に低いことが明らかになりました。

訪日クルーズ客は過去最多に

国土交通省のデータによると、2017年の訪日クルーズ客は27%増の約252.9万人で、過去最多を記録しました。

一見するとクルーズ客の市場が伸びているようにも見えますが、クルーズ客の大半は中国人インバウンド客です。中国は韓国に経済制裁をしたので、寄港地として韓国が利用できなくなり、日本への寄港が増えました。これが訪日クルーズ客増加の背景です。

中国人インバウンド客は上陸してもバスで観光地と免税店を回るだけで、地元民との接点はほとんどゼロに近い状況です。クルーズ客の顧客満足度も低いことが明らかになっており、リピーターも多くありません。

今後は、

  • クルーズ客と地元民の接点ができるビジネスモデル
  • クルーズ客が陸で宿泊したくなるような宿泊施設

などを考案し、消費を拡大していくことが求められるでしょう。

クルーズ寄港の増加については「クルーズ船寄港、LCC就航が地域活性化のカギを握る?増加する訪日観光客」でも紹介しています。

参考:http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/syouhityousa.html

関連記事

  1. 台北発、鹿児島行きのチャーター便が2月運航。台湾からのインバウンド誘致で地方創生につなげる

  2. JR東日本が中国の大手旅行会社と戦略的提携。地域の魅力などを発信し東日本エリアへのインバウンド誘客を…

  3. 羽田空港の免税エリアで伝統工芸品などを販売。訪日客の動向や購買データをAIで収集

  4. 日本未来農業研究会が訪日客向けの旅行商品を開発。長崎県の魅力でインバウンド富裕層の獲得を狙う

  5. ナビタイムジャパン、訪日客の行動分析システムを提供開始。企業などのインバウンド対策をサポート

  6. 菅官房長官が二条城や伏見稲荷大社などを視察。インバウンド対策の拡大へ

  7. インバウンド需要の拡大に伴い、免税店でのラウンド業務などを代行する新サービスが開始

  8. 民泊新法が全国でスタート、東京五輪へ向けて訪日客の受入整備が加速

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP