京都で新しいリアルRPG型の忍者体験が登場

忍者衣装を着て、京都・伏見稲荷の街中で任務を遂行しながら忍術を学んだり手裏剣を体験したりする忍者アクティビティ「忍者ラン」が登場しました。このサービスは日本語のほか、英語、中国語、スペイン語の4言語で対応し、訪日外国人観光客でも楽しめるようです。

この「忍者ラン」は早朝と深夜の体験プランも用意していて、朝の7時から夜の10時まで体験が可能です。任務は100種類以上で、難易度ごとに分けられており、謎解きや脱出ゲームのような感覚で楽しめます。

このアイディアを発案したのは、ペルー出身の株式会社うるわしきの常務取締役であるジョライ・ダニエルさんです。「忍者ラン」を始めたきっかけはジョライさんが忍者服で散歩する際に、よく外国人に声をかけられたり、写真を頼まれたりしましたので、このサービスを開始しました。当社は地方自治体との業務連携も考え、これから「忍者ラン」を接点にし、観光客と地元の人が交流できる環境を作る方針です。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000025918.html

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. Wi-Fiアライアンスが新しい暗号化技術を用いた「WPA3」を発表、Wi-Fi接続のセキュリティ強化…

  2. 「ウサギの島」で人気の広島・大久野島、観光客数過去最高記録を更新

  3. 山形県は訪日台湾人を狙い、国際チャーター便を140便運航へ大幅増便

  4. 空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

  5. ペイサーがDACと提携。中国のSNS運用支援に乗りだす意向

  6. 増える「観光税」出国税や宿泊税は、設備の改善やインフラ整備に使用予定

  7. 観光庁の「宿泊施設インバウンド対応支援事業」とは?内容と申込み方法を解説。

  8. 大津市でシェアサイクルサービス開始、交通利便性を向上し地域活性化に繋げる

メールマガジン



インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PR

ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け

PAGE TOP