• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

2018年度版「池袋ガイドブック」が9月1日に発行。訪日客による池袋の活性化を目指す

池袋エリアのインバウンド施策の推進と活性化を目的に活動している池袋インバウンド推進協力会は、2018年度版の「池袋ガイドブック」を2018年9月1日に発行します。

このガイドブックは訪日外国人旅行者をターゲットに、

  • ショッピング
  • 飲食店
  • エンターテインメント

など池袋エリアの施設を多言語で紹介。訪日客を集客し、街の活性化につなげることが目的です。

英語と中国語の2ヶ国語で作成したガイドブック

ガイドブックは、A5中綴じ48ページでカラー印刷されています。現代テイスト風のアニメキャラが表紙を飾っており、池袋をよく知るリピーターの訪日客も手に取りやすい仕様です。

訪日客向けに英語と中国語(繁体・簡体)で制作しており、

  • 英語4万部
  • 繁体字3万部
  • 簡体字3万部

の計10万部以上を制作予定。2019年2月〜3月頃にはさらなる増刷も予定しています。

配布場所は、

  • 池袋駅構内インフォメーションカウンター
  • 掲載ホテル
  • 会員店舗の店頭
  • 公共施設
  • 観光案内所

です。

また、日本のみならず、

  • JNTO(日本政府観光局)海外事務所
  • 海外旅行代理店
  • 海外旅行博会場

など海外にも配布予定。池袋エリアの情報を世界に発信します。

今後は池袋インバウンド推進協力会の

  • Facebook(英語・繁体字・日本語)
  • WeChat(簡体字)

でのSNS発信や、ホームページによる情報発信を計画。

協力会は、人目の多い場所に配布できる紙媒体から、鮮度の高い情報を発信できるインターネット媒体など、様々なところからインバウンド集客を行います。

その他の訪日客向けフリーペーパーについて知りたい方は「訪日外国人向けフリーペーパー7選!インバウンド客へのリーチを増やす工夫とは」をご一読ください。

参考:http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=82242

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

この記事と併せて読まれている記事

  1. 福岡県がFacebookでウェブ観光案内所を開設。旅マエ情報を充実させて訪日客を呼び込む

  2. Googleマップ最適化サービス「&インバウンドMEO」で大衆点評への対応を開始

  3. 入れ墨をしていても入浴できる温泉が増加傾向に。海外の文化を尊重し、訪日客を取り込む狙い

  4. インバウンド対策の強化を九州が宣言。欧米豪からの観光客増加を狙う

  5. 2019年1月に札幌で無人ホテルが開業。訪日客を見据え、広々とした部屋を格安で提供

  6. 「君の名は。」の影響で、長野県諏訪市の立石公園はアジアからの観光客が殺到

  7. 免税電子化アプリをPARCOが導入。アプリ1つで免税手続きが可能に

  8. 尾花沢市でインバウンド対応強化 音声翻訳機10台導入で5ヶ国語に対応

ナビタイムジャパン、訪日客の行動分析システムを提供開始。企業などのインバウンド対策をサポート

事件・事故に巻き込まれた外国人に対応 青森県警が「民間通訳人」を募集

PAGE TOP