2018年度版「池袋ガイドブック」が9月1日に発行。訪日客による池袋の活性化を目指す

池袋エリアのインバウンド施策の推進と活性化を目的に活動している池袋インバウンド推進協力会は、2018年度版の「池袋ガイドブック」を2018年9月1日に発行します。

このガイドブックは訪日外国人旅行者をターゲットに、

  • ショッピング
  • 飲食店
  • エンターテインメント

など池袋エリアの施設を多言語で紹介。訪日客を集客し、街の活性化につなげることが目的です。

英語と中国語の2ヶ国語で作成したガイドブック

ガイドブックは、A5中綴じ48ページでカラー印刷されています。現代テイスト風のアニメキャラが表紙を飾っており、池袋をよく知るリピーターの訪日客も手に取りやすい仕様です。

訪日客向けに英語と中国語(繁体・簡体)で制作しており、

  • 英語4万部
  • 繁体字3万部
  • 簡体字3万部

の計10万部以上を制作予定。2019年2月〜3月頃にはさらなる増刷も予定しています。

配布場所は、

  • 池袋駅構内インフォメーションカウンター
  • 掲載ホテル
  • 会員店舗の店頭
  • 公共施設
  • 観光案内所

です。

また、日本のみならず、

  • JNTO(日本政府観光局)海外事務所
  • 海外旅行代理店
  • 海外旅行博会場

など海外にも配布予定。池袋エリアの情報を世界に発信します。

今後は池袋インバウンド推進協力会の

  • Facebook(英語・繁体字・日本語)
  • WeChat(簡体字)

でのSNS発信や、ホームページによる情報発信を計画。

協力会は、人目の多い場所に配布できる紙媒体から、鮮度の高い情報を発信できるインターネット媒体など、様々なところからインバウンド集客を行います。

その他の訪日客向けフリーペーパーについて知りたい方は「訪日外国人向けフリーペーパー7選!インバウンド客へのリーチを増やす工夫とは」をご一読ください。

参考:http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=82242

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 大津市でシェアサイクルサービス開始、交通利便性を向上し地域活性化に繋げる

  2. ANAとHuber.社が連携。国際交流やインバウンドプロモーションの強化につなげる

  3. 政府や交通機関の「災害対策のススメ」。インバウンド向けの多言語対応やBCP促進により自然災害に備える…

  4. Gardia(ガルディア)「No Show(無断キャンセル)保証サービス」の導入事業者(飲食、宿泊、…

  5. 札幌商工会議所、インバウンド向けサイトやビジネス交流会を企画

  6. 多言語AIチャットボット「talkappi」が災害情報の提供機能を追加。AIによる自動対応で人手不足…

  7. 宮古島のキャッシュレス化を推進する実証実験が2日に開始。NTTドコモなど8つの団体が参加

  8. 「君の名は。」の影響で、長野県諏訪市の立石公園はアジアからの観光客が殺到

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP