• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約1分で読めます

そごう横浜店 全館無料Wi-Fiサービスを導入します

そごう横浜店は国内外のお客様のサービス向上を図り、8月1日(水)より全館で無料Wi-Fiサービスを提供し始めます。同Wi-Fiサービスの特徴は、

  1. メールアドレスの登録不要
  2. パスワードを入力するだけで簡単に利用できる
  3. 最新のセキュリティ(暗号化規格)と最速レベルの通信規格を持つ
  4. 利用回数や利用時間の制限なし
  5. 各社のスマートフォンに対応していて、専用の端末が不要
  6. 訪日外国人のお客様は、スマートフォンのアプリを利用すれば、本国のご家族やご友人との連絡が可能

です。

今後横浜市は、2019年ラグビーワールドカップ開催や、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催等で、更なる観光客の増加が見込まれています。そごう横浜店は、快適な通信環境を整え、顧客のショッピング体験の向上に努めています。

  • おすすめ記事:

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000086.000031382.html

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

この記事と併せて読まれている記事

  1. SNSを使ったインバウンド対策をリゾーム社が開始。KOLマーケティングに注目

  2. JNTO、上半期の訪日客数を発表。2020年の目標に向けて順調に推移

  3. Vpon JAPANが広告の効果検証ができるマップを作成。広告との接点や訪れた地域を可視化

  4. Vチューバーを使った観光誘致が各地で。特産品や観光情報を世界に発信

  5. 日本政府観光局が2020年4月の訪日外客数を発表。東南アジア4ヶ国からは160人ほど訪れる結果に

  6. 「IKIDANE NIPPON」公式アプリが30万ダウンロード突破。インバウンド向け情報を幅広く発信…

  7. ラグビーワールドカップ中にキャンピングカーで宿泊する訪日客が増加。場所の確保などで課題も

  8. 公共エリアなどに無料Wi-Fiを整えるサービスをUSENが提供。快適な通信環境でインバウンド需要を高…

事件・事故に巻き込まれた外国人に対応 青森県警が「民間通訳人」を募集

SNSアプリ“派派(paipai)”とは?中国人が化粧品や医薬品の口コミをチェックする理由を解説します

PAGE TOP