インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約1分で読めます

そごう横浜店 全館無料Wi-Fiサービスを導入します

そごう横浜店は国内外のお客様のサービス向上を図り、8月1日(水)より全館で無料Wi-Fiサービスを提供し始めます。同Wi-Fiサービスの特徴は、

  1. メールアドレスの登録不要
  2. パスワードを入力するだけで簡単に利用できる
  3. 最新のセキュリティ(暗号化規格)と最速レベルの通信規格を持つ
  4. 利用回数や利用時間の制限なし
  5. 各社のスマートフォンに対応していて、専用の端末が不要
  6. 訪日外国人のお客様は、スマートフォンのアプリを利用すれば、本国のご家族やご友人との連絡が可能

です。

今後横浜市は、2019年ラグビーワールドカップ開催や、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催等で、更なる観光客の増加が見込まれています。そごう横浜店は、快適な通信環境を整え、顧客のショッピング体験の向上に努めています。

  • おすすめ記事:

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000086.000031382.html

 

[anamedia]

関連記事

  1. 日本国内の約5万件のホテル・旅館・民泊を一括検索、比較ができるiOSアプリ「WithTravel」を…

  2. モバイルバッテリーシェアリング「mocha」の提供を北海道で拡大。増加する国内外からの利用客に備える…

  3. ACDとQFPay JapanがQR決済プラットフォームの連携などで基本合意。インバウンド対策や暗号…

  4. 千駄ヶ谷の観光マップを小学生が制作。地元の施設や観光スポットを訪日客へPR

  5. 【地方出張歓迎】ユニヴァ・ペイキャスト、米子商工会議所・境港商工会議所でインバウンド受け入れ対策に関…

  6. ペイサーがDACと提携。中国のSNS運用支援に乗りだす意向

  7. 国土交通省が2019年の地価基準を発表。インバウンド需要が高まる地方商業地で28年ぶりのプラス

  8. 東北を縦断するサイクリングツアーが実施。インバウンド客を「コト消費」で呼び込む

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP