事件・事故に巻き込まれた外国人に対応 青森県警が「民間通訳人」を募集

青森県警は、外国人が事件や事故などに巻き込まれたり、迷子や落し物などで困ったりする際に対応する「民間通訳人」を募集しています。

現在、外国語に堪能な警察官・職員と民間通訳人をあわせて、英語や中国語、韓国語、ロシア語、インドネシア語、タガログ語、ベトナム語、スペイン語、ポルトガル語など計9言語に対応しています。

過去5年間で、訪日外国人旅行者が関わった事件は163件とされ、増加する傾向は見られませんが、年によって増加する場合もあります。青森県警では万全な体制をとって行く方針です。

民間通訳人は国籍、学歴、職業が不問で、普段仕事をしていても構いません。青森県警によると、現在は特にタガログ語、ベトナム語、ポルトガル語ができる人を求めています。

 

  • おすすめ記事:

参考:https://mainichi.jp/articles/20180726/k00/00m/040/043000c

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 大阪市西成区の新築マンションが即日完売。インバウンド需要アップの影響か

  2. 空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

  3. 徳島県、訪日客向けのバス2日乗り放題券を発売

  4. 宿泊施設支援型コンシェルジュサービス「GOYOH」、インバウンド・ウルトラ富裕層向けに高級レストラン…

  5. 2020年の「観光ビジョン」目標に向けて、政府が「観光ビジョン実現プログラム2018」を実施

  6. 関西地区で動画発信やクーポン配布などによるインバウンド誘致。台風被害からの回復をアピール

  7. 2018年度版「池袋ガイドブック」が9月1日に発行。訪日客による池袋の活性化を目指す

  8. 2020年までに3000億円を目標に。MICE誘致の取り組みに注目

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP