奈良県でAI観光案内サービスの実証実験が開始。NTTが画像認識や対話できる人工知能を提供

近畿日本鉄道株式会社とNTT、NTT西日本が、近鉄奈良駅でAI観光案内サービス「奈良ガイドボット」の実証実験を2018年7月27日から開始。

同サービスは、訪日客がスマートフォンで行きたい観光地の写真を撮影し送信すると、その観光地までの案内経路を示してくれます。

近鉄奈良駅では、駅員が訪日客から観光地までの道案内を聞かれることも多く、駅員の業務効率の低下が懸念されていました。

同サービスの導入により、駅員の業務効率化を図ることができます。また、訪日客がスムーズに目的地までたどり着けるため、ストレスのない観光を実現することが可能です。

多くの訪日客が訪れる近鉄奈良駅にて、NTT西日本がWi-Fi環境を構築。NTTが、

  • 画像認識AI機能
  • 対話AI機能

を組み合わせた「マルチモーダル・エージェントAI」を提供することで、同サービスの提供が実現しました。

AIが画像を認識することで、簡単に経路を案内するサービス

同サービスは、AIが撮影した画像を認識し、

  • 駅から観光地までの詳しい経路
  • 観光地までの交通手段
  • 観光地周辺のおすすめスポット

などを対話形式のチャットで教えてくれます。

具体的には、

  • 案内看板や建物
  • 手持ちのポスターやパンフレット

などにスマートフォンをかざして画像を送信。設定された言語で経路案内が表示されるシステムです。

対応言語は、

  • 英語
  • 中国語(簡体字・繁体字)

に設定できます。

また、NTTが開発した「アングルフリー物体検索技術」により、斜めからかざしたり遮蔽物があっても対象物を高い精度で認識可能です。

訪日客を増加させるため様々な取り組みを行う奈良県

奈良県は、京都に次いで国内屈指の観光地を有しています。

特に、

  • 東大寺
  • 法隆寺

などの歴史ある建物が多く、日本特有の魅力を楽しめます。

そんな奈良県の魅力を訪日客にも届けるため、様々な取り組みを行っています。

取り組みの一つとして、訪日客向けの拠点施設「奈良県猿沢イン(奈良県外国人観光客交流館)」を2015年7月23日にオープン。

同施設は、訪日客に向けて

  • 観光地の情報発信
  • おもてなし
  • 訪日客同士の交流

を促進することが目的です。施設内には、英語や中国語に対応した観光案内所や、観光客同士の交流ができるようラウンジを設けています。

また、

  • フリーWi-Fiの設置
  • 外貨両替サービス

などが備えられ、訪日客が滞在しやすい設備を導入しています。

2016年夏には、2階から4階部分を宿泊施設としてオープン。観光地の多い奈良県が課題とする、宿泊者数の少なさを解消することが目的です。

参考:近畿農政局

AI観光案内サービスにより、奈良県のインバウンド需要は今後も拡大することが予想できます。それに伴い同県は、宿泊者数などの課題を解消するため、さらなるインバウンド施策の登場が期待できます。

その他の地域の実証実験について興味がある方は「宮古島のキャッシュレス化を推進する実証実験が2日に開始。NTTドコモなど8つの団体が参加」をご一読ください。

参考:http://www.ntt-west.co.jp/news/1807/180727a.html

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

 

関連記事

  1. ナビタイムジャパン、訪日客の行動分析システムを提供開始。企業などのインバウンド対策をサポート

  2. そごう横浜店 全館無料Wi-Fiサービスを導入します

  3. クラウドファンディングで阿波おどりの資金を集める。徳島市の取り組みを紹介

  4. 自転車を使った観光事業。「Brompton 旅切符」の取り組みに注目

  5. 外国人の就労拡大へ 単純労働における新資格の創設を

  6. 自治体や企業の連携によるインバウンドプロモーションが続々登場

  7. 「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

  8. ホテル向けのAirbnb無料掲載サービスは9月末まで限定スタート、最短三日で掲載開始

メールマガジン



インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PR

ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け

PAGE TOP