神奈川県、ボランティアガイド講座を本格化。無料で質の高いガイド育成へ

神奈川県はインバウンド集客を目的として、ボランティアガイドを育成。ガイドを増やすことで、訪日外国人へのおもてなしを強化しています。

ガイドの養成講座は座学が10回です。さらに実地研修も行うことで、ガイドの質アップを目指します。旅の案内ができる人を増やし、インバウンド客のリピーターを増やすことが目的です。

今回の記事では、神奈川県の取り組みとその背景をご紹介します。

法改正によってボランティアガイドへ関心を持つ人が増えている

1月に改正通訳案内士法が施行され、無資格でも有料でガイドができるようになりました。そして2019年にはラグビーワールドカップ、2020年には東京オリンピックが控えています。

このような背景から、海外勤務経験のある高齢者を中心に、通訳ガイドへ関心を寄せる方が増加。神奈川県国際観光課がガイドの初級講座を開いたところ、予想以上の申込みがありました。今後は講座の開催場所を増やし、中級者向けのコースも作ることに。

講座はレベルごとにわかれていて、

  • 初級:道案内のときに使われるフレーズ
  • 中級:外国人が喜ぶ観光コースの作成

などを学びます。実際に街でガイドをするカリキュラムもあり、実践的な内容が多いです。

質の低下が懸念点。無資格だからこそ確かなガイドが求められる

懸念点は誰でもガイドができるようになったことによる、質の低下です。神奈川県では国際的なスポーツイベントが多く開催されるので、レベルの高いガイドが要求されます。

国際観光課は、「誰でもできるようになったからこそ、質を確保していかないといけない」と語り、講座への参加を呼びかけています。

神奈川県はガイド講座を月ごとに

  • 8月:川崎
  • 9月:鎌倉
  • 10月:小田原
  • 11月:横浜
  • 12月:相模原

にて開催。今後も、神奈川県のインバウンド対策に注目が集まります。

通訳案内士についてもっと知りたい方は「2018年1月より通訳案内士法が改正。訪日客と通訳ガイドはどうなる?」もチェックしてみてください。

参考:http://www.kanaloco.jp/sp/article/351278

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 京都市がインバウンド対策の助成金制度を創設。Wi-Fiやキャッシュレス対応の資金を援助

  2. LGBTツーリズムで東北を復興へ 六月よりLGBTツーリズムセミナーを開催

  3. 「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

  4. 山形県は訪日台湾人を狙い、国際チャーター便を140便運航へ大幅増便

  5. 日本が誇るポップカルチャー「コスプレ」と「ウェディング」を融合させた新しいウェディングスタイル コス…

  6. 長野県HAKUBA VALLEY、訪日スキー客は2017-18シーズン、33万人(45%増)で過去最…

  7. 地域を元気に!ご当地プロレス最大級のお祭り!武藤敬司プロデュース“プロレスフェス2018” 2018…

  8. 2020年までに3000億円を目標に。MICE誘致の取り組みに注目

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP