2020年までに3000億円を目標に。MICE誘致の取り組みに注目

MICEという観光用語をご存知でしょうか。

企業が行う

  • Meeting(会議・研修・セミナー)
  • Incentive tour(報奨・招待旅行)
  • Convention またはConference(大会・学会・国際会議)
  • Exhibition(展示会)

の頭文字をとったもので、通常の旅行よりも大きな消費が見込まれます。ゆえに、インバウンド集客では重要視されることが多いです。我が国の観光庁もMICE誘致には力を入れており、この度、2030年までのMICE関連消費額に関する目標を発表しました。

今回の記事では、観光庁が発表した目標と、それを実現するための取り組みについてご紹介します。

2020年までに3000億円を目標に

2016年は、MICE関連のインバウンド消費は1500億円でした。

観光庁は2020年までに3000億円まで伸ばすことを目標としています。その後、年平均500億円ずつ増やし2030年までに8000億円を目指す予定です。

  • 国際営業力強化
  • 国内主催者の取り組み支援強化
  • 満足度の高いコンテンツ発信
  • 地域力および人材力の強化

を具体的な施策としていく予定です。

インバウンド集客のために官民横断組織の結成も

「国内主催者の取り組み支援強化」に関しては、官民横断の組織を結成して日本主導の国際会議を開催するなど力を入れています。海外企業のインセンティブや視察の誘致強化を目的にしています。

「満足度の高いコンテンツ発信」に関しては、環境問題や社会問題に貢献する「地域貢献型MICE」の普及、強化に取り組みます。その他にも、最先端技術を取り入れていままでのMICEを超える「ビヨンドMICE」などの構想も。

他にもさまざまな施策があり、MICEによるインバウンド消費の拡大に期待ができます。観光庁には「MICE相談窓口」が設置されているので、気になる方は問い合せてみてはいかがでしょうか。

MICEについてより詳しく知りたい方は「JNTO、インセンティブツアーの誘致セミナーを開催、マレーシアの旅行代理店関係者に日本の企業などがアピール」もチェックしてみてください。

参考:https://www.travelvoice.jp/20180809-115386

関連記事

  1. ANA、訪日旅行客向けサイト「Japan Travel Planner」を新設

  2. 山梨県笛吹市、インバウンド向け観光サイト「THE PEACH CITY」を開始

  3. 空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

  4. 豊岡鞄、東京駅前の複合商業施設に進出。地域ブランドを世界にPR

  5. 観光庁、訪日ムスリムの受け入れでアクション・プラン策定、食事・礼拝環境などの整備を

  6. 奈良県でAI観光案内サービスの実証実験が開始。NTTが画像認識や対話できる人工知能を提供

  7. 宮古島のキャッシュレス化を推進する実証実験が2日に開始。NTTドコモなど8つの団体が参加

  8. LGBTツーリズムで東北を復興へ 六月よりLGBTツーリズムセミナーを開催

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP