日本法人バイドゥが訪日中国人のアンケート調査を実施。日本の正規商品は旅行時に購入

中国で最大の検索エンジンを提供する中国Baidu,Inc.(百度)の日本法人であるバイドゥ株式会社が、訪日中国人観光客の買物実態に関するアンケート調査結果を発表。中国人観光客は日本製品を購入するとき、越境ECなどのインターネット通販を利用するより、日本旅行の際に購入する傾向があるとわかりました。

その理由は、越境ECサイトでは製品が偽物か判断しにくいこと。そして日本旅行では実際の製品を確認できることが挙げられます。

スポーツ用品や高級ブランド品は、50%以上の調査結果に

アンケート調査の結果は、

  • 化粧品・ボディケア・ヘアケア・香水
  • 食品
  • 高級品(ブランド品)
  • スポーツ用品

の4つのジャンルに分けて集計。「偽物ではないことが確認できるから」が最も多かったものはスポーツ用品(55.6%)です。

その他の結果は、

  • 化粧品・ボディケア・ヘアケア・香水:45.7%
  • 食品:33.4%
  • 高級品:54.5%

です。値段の高いスポーツ用品や高級品が50%以上を占めました。

また、「実際の商品を確認できるから」の理由では、

  • 化粧品・ボディケア・ヘアケア・香水:40.5%
  • 食品:43.5%
  • 高級品:40.2%
  • スポーツ用品:49.2%

という結果に。機能性や安全性を確認する意味でも、実際の目で見て確かめたい人が多いようです。

結論として中国人観光客は、日本製品を購入するときに質の高さを重視している傾向にあります。

旅行の準備に関するアンケートでは、1ヶ月前から情報収集している人がほとんどに

「訪日旅行の準備時間の割合」のアンケートでは、

  • 旅行スケジュールの計画(観光ルートなど):22.2%
  • 食事や食べ物に関する情報収集:19.3%
  • 買物に関する情報収集、予約:18.9%
  • 宿泊に関する情報収集、予約:12.3%
  • 交通に関する情報収集、予約:12.0%
  • 旅行中のインターネット環境の準備:9.5%
  • その他:6.0%

という結果に。主に日本ならではの観光地や食事に関して、時間をかける人が多いです。

「買い物に関する情報収集を始めた時期」では、

  • 旅行の直前〜1週間前:22.6%
  • 旅行2週間前:35.1%
  • 旅行1ヶ月前:28.1%
  • 旅行2、3ヶ月前:10.7%
  • 旅行半年前:2.0%

という結果でした。

同アンケート調査は、直近1年以内に日本旅行で買い物をした北京市・上海市在住の中国人1099人を対象に実施。越境ECサイトの改善や、訪日中国人客の傾向が明らかになりました。

このような訪日客の調査結果から、インバウンドマーケティングに活かすため、日本の企業や自治体の新たなインバウンド対策が期待されます。

中国人の越境ECの利用について気になる方は「越境ECで日本製品をリピート購入した中国人は40%!リピート購入する理由とは一体何?」をご一読ください。

参考:https://www.tsuhannews.jp/55406

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 自治体や企業の連携によるインバウンドプロモーションが続々登場

  2. 長野県HAKUBA VALLEY、訪日スキー客は2017-18シーズン、33万人(45%増)で過去最…

  3. 訪日客向けアプリ「Payke」、プッシュ通知で災害情報の無償提供をスタート

  4. 観光型複合商業施設「ミ・ナーラ」がイトーヨーカドー奈良店跡にリニューアルオープン

  5. 宮城交通が高速バスに車内Wi-Fiを導入、インバウンド客の利便性向上を図る

  6. 政府がムスリム訪日客を増やすための行動計画を策定。訪日客4,000万人達成に向けて1歩前進

  7. AIを使った多言語アプリが登場。自動で質問に答え、文章の学習も可能

  8. 京都で新しいリアルRPG型の忍者体験が登場

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP