Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

オンラインでインバウンド業務を学ぶ。「インバウンドリーダー」に注目

株式会社ツーリストエキスパーツは、オンラインでインバウンド客対策の業務が学べる「インバウンドリーダー」を開始。これは旅行会社や宿泊業に携わっていて、インバウンド客の対応スキルを身につけたい方に向けたサービスです。

オンラインでインバウンド業務を学ぶ「インバウンドリーダー」誕生の背景

2020年には訪日外国人4000万人を目指す日本において、インバウンド客の対策は必須。

とはいえ、インバウンド業務はおもてなしだけでなく観光を安全に楽しんでもらうことも含まれ、独学で習得するのは簡単ではありません。

しかも、インバウンド客の対策を学ぼうとすると、座学を中心とした講座になりがちです。それでは時間と場所に縛られてしまうため、限られたタイミングでしか学習できません。

ゆえに「いつでも、どこでも、なんどでも」受けられるレッスンの需要が高まっているのです。こうしてオンラインでインバウンド業務を学ぶサービス「インバウンドリーダー」が誕生しました。

インバウンドリーダーの概要:おもてなしやマナーのほか、検定の受験も可能

同サービスでは、訪日外国人に対するおもてなしやマナーを学べるほか、「インバウンド業務検定」という資格の対策も可能です。この資格は国家資格として受理される見込みがあり、客観的にスタッフの技能を判断できます。

カリキュラムは

  • 接遇マナー
  • 異文化交流
  • 旅程管理能力

などが用意されており、セットで受講することで割引を受けることが可能です。

旅行会社で経験を積んだ社員を講師として、充実したカリキュラムが展開される見込み。スマートフォンでも受講できるので、時間と場所を選ばず学習できます。

インバウンド客対策として注目を集める同サービス。訪日外国人への対応力を磨きたい企業様は、利用を検討してみてください。

インバウンド対策のおもてなしについてより詳しく知りたい方は「インバウンド担当とは?訪日外国人へ質の高いおもてなしをして、売上アップする方法
」もチェックしてみてください。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000639.000001864.html

関連記事

  1. JR東日本が英語応対能力検定とeラーニング教材を採用。社員のおもてなし力向上を目指す

  2. PayPayがAlipayと連携。中国人インバウンド客の増加を図る

  3. 中国語のリスニングと発音の強化に特化した無料の中国語学習アプリ「中国語耳ゲー for Android…

  4. ホテル大手マリオットと積水ハウスが道の駅にホテルを設置。リピーター開拓が狙いか

  5. 増える「観光税」出国税や宿泊税は、設備の改善やインフラ整備に使用予定

  6. 「True Data」がインバウンド消費を調査。ドラッグストアの購買件数や購買単価は前年比より上昇

  7. ANA、特別機内食に世界初の米粉パンを提供。アレルギーや宗教などに対応、誰もが楽しめる食事に

  8. KDDIとギフティが訪日客へクーポンやギフトの配布実験を開始。データは今後のインバウンド対策に

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP