AIを使った多言語アプリが登場。自動で質問に答え、文章の学習も可能

訪日外国人の対応をするのは、日本人の従業員にとって負担になりやすいものです。

日本語しか話せないスタッフが多いのは事実ですし、外国語教育をするとしても時間やお金がかかります。

そんなときに役に立つのが、チャットbotサービスです。

これはお客さまの質問に自動で答えてくれるサービスで、店側の負担を減らすことができます。インバウンド客を想定して、外国語に対応したサービスも開発されています。

今回の記事では、MARIANA OCEAN JAPANが開発した、多言語対応チャットbotをご紹介します。

LINE、Facebookなど、各種SNSと連携

同社が開発した「Obot.ai」は、LINE、FacebookなどのSNSと連携し、自動で受け答えをしてくれるサービスです。

中国で普及している「We Chat」にも対応しており、中国人インバウンド客からの質問にも答えることができます。中国人観光客は人数も多く消費額も大きいので、多くの店舗にとってその対策は欠かせません。

また「Obot.ai」は、

  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語

の3ヶ国語に対応。専任スタッフを海外に派遣することでサービスの向上もできます。

24時間365日対応できるので、スタッフの負担を減らすだけでなく、お客様を待たせないメリットもあります。

AIを導入してサービスの精度を向上させる

同サービスはAIを導入しているので、質問を受ける度に読解力が向上し、対応のレベルが上がります。データ量が増えるほど精度がアップするので、自然な会話が可能に。

このようなサービスでスタッフの業務を減らせれば、コストの削減にもなり、顧客満足度も向上するはずです。インバウンド客の対応に悩んでいる店舗様は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

AIを使ったアプリについてもっと知りたい方は「JAPAN Trip Navigatorとは?AIを使ったアプリで訪日観光客の観光サポートを実現」もチェックしてみてください。

参考:http://www.keyman.or.jp/nw/20074174/

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 山陰インバウンド機構が旅程作成サービスの提供を開始。訪日客の観光をサポート

  2. 2017年の民泊市場が倍増、1,251億円に。りそな総研が試算

  3. 京成電鉄、タイで企画乗車券の販売拠点を増加。「旅マエ」からのインバウンド対策を強化

  4. NEC新サービスでスマホからインバウンド動向を分析。大分県での取り組みに注目

  5. インバウンド向け中古マンション販売に向け、2社が業務提携。AIや海外の不動産販売ノウハウを活用

  6. 「3 in 1 SIM」が登場。SIMのサイズで迷うことがなくなり、訪日外国人の利便性向上に

  7. 東北を訪れるインバウンド客が増加。国際便の増加や季節行事が後押しに

  8. “TYFFONIUM SHIBUYA”が渋谷に2018年11月オープン

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP