インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ANA、特別機内食に世界初の米粉パンを提供。アレルギーや宗教などに対応、誰もが楽しめる食事に

ANA(全日本空輸)が、2018年9月1日から特別機内食に世界初の米粉パン「バリアフリーパン」の提供を開始しました。

この米粉パンは、

  • 添加物
  • 宗教上の理由で規制がある原料
  • アスリートのドーピング要因になる漢方薬

を使っていないことから、国内、国外問わず誰でも安心して食べられる機内食として注目されています。

このパンはANAの

  • 全路線
  • 全クラス

にて提供される予定です。希望する場合は、

  • 日本出発便は24時間前
  • 日本到着便は48時間前

にあらかじめ予約をしなければなりません。

「バリアフリーパン」は、宗教上の理由で食べられないインバウンド客にも対応

米粉パンは、製造工程で小麦を使用することがあります。小麦はアレルギーの原因であるグルテンを含有。そのため、パンによるアレルギー事故の可能性が懸念されています。

ANAは、2017年度に約10万食のアレルゲン対応食を提供。アレルギーや宗教上の理由で、食べられない食品がある乗客に対応してきました。

今回ANAが提供する「バリアフリーパン」は、グルテンフリー食品(グルテンが含まれていない食品)です。さらに特定原材料27品目(消費者庁が表示を義務化、または推奨している原材料)も含まれていません。

参考:消費者庁 アレルギー表示について

また、豚肉や大豆などの原料も使われていません。これはハラーム(イスラム教で禁止されていること)などの宗教の理由で食べられないインバウンド客にも配慮してのことです。ANAの機内食は、全ての乗客に対応できるものとして期待されます。

また、米粉パンはANAと食品関連ベンチャーのコスモバイタル株式会社が共同開発。提供する市場が限られていたグルテンフリーパンを、ANAの機内食用にアレンジし世界中の乗客へ提供します。

今後、パンに関してのアレルギー対応などは、このバリアフリーパンでまかなうことが可能です。ANAの機内食だけでなく、インバウンド客をターゲットにした食の現場に広まることで、さらなる市場拡大が期待できます。

宗教上の理由に対応した日本食の提供について詳しく知りたい方は「ハラルフードとは?豚肉やアルコールを使わない日本食の提供で、ムスリムの集客につながる」をご一読ください。

参考:http://news.livedoor.com/article/detail/15211342/

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. ナビタイムジャパン、ナイトタイム観光を推進するWebメディアの運営開始。訪日客に夜の遊びを発信する

  2. 京成電鉄、タイで企画乗車券の販売拠点を増加。「旅マエ」からのインバウンド対策を強化

  3. 沖縄国税事務所が「羽田空港泡盛フェスタ2019」を開催。沖縄の伝統的な地酒を多くの訪日客に伝える

  4. 空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

  5. 九州で訪日客向けの特設サイト開設。サムライ文化を活かしたインバウンド対策

  6. モバイルバッテリーシェアリング「mocha」の提供を北海道で拡大。増加する国内外からの利用客に備える…

  7. 愛媛県が動画でのPRを開始。PRだけでなく、営業活動にも活用する見通し

  8. 妙高市、オーダーシステム「Putmenu」を導入し訪日客の利便性アップへ。注文や決済がスムーズに

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP