免税手続きが電子化へ。インバウンド客の利便性アップ、不正防止に期待

インバウンド客が免税品を購入する際、手間がかかるのは書類の管理です。現状では購入を証明する書類をパスポートに貼り付け、出国する際に税関で荷物と照らし合わせる必要があります。

この方法では、

  • のりやホチキスでパスポートが傷つく
  • パスポートが分厚くなってしまう

などの問題があります。これらを解決するため、国税庁は免税の手続きを電子化する動きを見せました。

今回の記事では、免税手続きの電子化についてお伝えします。

電子化で書類不要に。不正防止も期待される

財務省と国税庁は2019年度の予算について、免税書類の電子化に必要な経費を盛り込みました。

今回の施策は東京オリンピックを目標としてスタート。システムの開発や税関への端末設置など準備するべきことはありますが、2020年の4月までには実用化する見込みです。

目的は訪日外国人の利便性を高めること。免税手続きが簡単になれば消費が活発になり、さらなる経済効果が期待できます。

免税手続きを電子化することには、もうひとつメリットがあります。不正防止ができるのです。

免税品の販売には、

  • 訪日外国人が出国前に転売して免税対象外にする
  • 店が免税したと偽って消費税の還付を受ける

などが起こる可能性があります。

書類を電子化すれば、購買時のデータと照合して不正を発見しやすくなります。店側も、免税手続きのデータを国税庁に送信するだけでよくなるので、管理コストが減ります。

このような動きが活発になれば、オリンピックの盛り上がりはもちろん、日本文化の発信や経済の活発化にもつながります。

とはいえ、この動きはまだ始まったばかりです。今後の情報から目が離せません。

免税によるインバウンドの消費活性化ついてもっと知りたい方は「インバウンド消費を加速させる免税店!タックスフリーとデューティーフリーを正しく理解し、上手に活用しよう」もチェックしてみてください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO34630940X20C18A8EE8000/

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 政府や交通機関の「災害対策のススメ」。インバウンド向けの多言語対応やBCP促進により自然災害に備える…

  2. 丸の内にある訪日客向け総合観光案内所がリニューアルオープン。インバウンド対策の強化を図る

  3. ファミマと民泊サービスAirbnbが業務提携、コンビニによる民泊チェックインサービスが活発化

  4. 観光地に「混雑課金」導入の流れ、インバウンド客増加による車での流入制限が目的か

  5. バニラエア、成田空港と沖縄・石垣島を結ぶ定期便就航

  6. 代々木上原、大山、小田原などの観光地を英語ガイドで案内。下北沢ツアーもリニューアル

  7. 長野県HAKUBA VALLEY、訪日スキー客は2017-18シーズン、33万人(45%増)で過去最…

  8. インバウンド需要増で「戸建型宿泊施設」が島根で誕生。新型宿泊設備の提案

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP