地域を元気に!ご当地プロレス最大級のお祭り!武藤敬司プロデュース“プロレスフェス2018” 2018年10月より、「ケーブル4K」で放送開始!!

日本デジタル配信株式会社(JDS、東京都渋谷区、代表取締役社長:河村浩)は、同社が運営するケーブルテレビ業界共通の4K専門チャンネル「ケーブル4K」にて、地域の活性化に貢献するコンテンツの普及促進を目的とし、2018年8月13日(月)に初開催されたご当地プロレスから次世代スターや団体を発掘する『プロレスフェス2018』の各地区予選大会及び最終戦の模様を2018年10月より、放送開始いたします。

 

『プロレスフェス2018 』は、プロレスラーの武藤敬司選手が、長野を拠点に活動する信州プロレスの代表、グレート☆無茶選手に開催を呼びかけたことを契機に立ち上げられたご当地プロレス団体が一堂に会する日本初のビックイベント。その記念すべき、第1回の関東甲信越大会が開催されたイオンモール佐久平(長野県佐久市)での大会の模様を2018年10月13日(土)より、「ケーブル4K」で放送します。

今回の関東甲信越大会を皮切りに各都市での地域大会を経て、2018年度末(2019年1~3月)、東京都内で開催予定の最終戦まで、「ケーブル4K」では、随時、4Kでの放送をお届けする予定です。

「プロレス」、「武藤敬司選手」という全国的なキラーコンテンツに、「地元愛」、「地域密着」を掲げるご当地プロレスが融合し、その模様を“地域発!ニッポンの魅力を美しい映像で”届ける「ケーブル4K」が、4Kという高精細な映像で全国に放送することで、 どのような化学反応が生まれるのか。

今後も「ケーブル4K」は、「地域に根付いたコンテンツの発掘・発信による地域活性への貢献」という理念に基づき、 日本各地の魅力を美しい映像で、全国の視聴者にお届けしてまいります。

<プロレスフェス2018 概要>

プロレスラー・武藤敬司が大会委員長(プロデュース)、 長野を拠点に活動するご当地レスラー・グレート☆無茶が大会実行委員長(ディレクター)となり、 全国のご当地レスラーを集結させた日本初のご当地プロレスフェスティバル。 基本コンセプトは、 “子供に夢を”、 “地域に元気を”。

ショッピングモールなど誰でも立ち寄れるオープンスペースでの開催を基本とし、 観戦も基本無料。

試合終了後には、 参加レスラーによる募金活動を行い、 集まった金額は「子ども虐待防止オレンジリボン活動」に全額寄付をするなど、 地域貢献への高い意識を兼ね備えたイベント。

公式サイト: http://www.pwfes.fun

<プロレスフェス 第1回 関東甲信越大会>

開催日程:2018年8月13日(月)
会場:イオンモール佐久平
参加団体:新潟プロレス(新潟)、信州プロレス(長野)、ごじゃっぺプロレス(茨城)、西荻おざしきプロレス(東京)
ゲスト:グラン浜田、TAKAみちのく、征矢学、大鷲透
リングアナ:田中ケロ
実況:鈴木健txt.
解説:武藤敬司・鬼越トマホーク坂井
主催:プロレスフェス実行委員会
番組制作:伊那ケーブルテレビジョン
放送予定:2018年10月13日(土)~19日(金)13:00~13:30、 19:00~19:30 ほか
※11月以降も随時放送予定

<プロレスフェス 第2回 関西中国大会>

開催日程:2018年9月15日(土)
会場:イオンモール橿原
参加団体:なら万葉プロレス(奈良)、 紀州ぶんだら(和歌山)他
放送予定:2018年11月

関連記事

  1. 2020年の「観光ビジョン」目標に向けて、政府が「観光ビジョン実現プログラム2018」を実施

  2. インバウンド需要増で「戸建型宿泊施設」が島根で誕生。新型宿泊設備の提案

  3. 福岡観光の活性化を担う福岡オープントップバスを「WEDDING CONCIERGE JAPAN」がフ…

  4. 京都市がインバウンド対策の助成金制度を創設。Wi-Fiやキャッシュレス対応の資金を援助

  5. 2018年度上半期インバウンド客の旅行消費額。クルーズ客が増加するも消費は増えず

  6. 訪日外国人向け民食サービス「airKitchen」の登録者が急増。民泊規制が追い風に

  7. アジアのインフルエンサー産業を活性化、マレーシアにてシンポジウム「你能有多紅 – Liv…

  8. 石川県の小松空港、韓国やタイとの定期便就航などの訪日観光対策を会議

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP