無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版 無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版

別府がAirbnbとの提携で温泉地を世界に発信。ラグビーW杯に向け、インバウンド客の受け入れ体制を広げる

日本有数の温泉地の一つ別府温泉が加盟する「別府市旅館ホテル組合連合会」は、民泊仲介事業を展開するAirbnb(エアビーアンドビー)と提携することを発表しました。

この提携の目的は、別府を訪れる国内外からの観光客を増加させることです。

別府市は、2019年に開催されるラグビーワールドカップの公認キャンプ地として注目を集めています。インバウンド需要の増加が期待できる同市は、今回の提携で観光事業の発展にさらに力を注ぐ見込みです。

民泊仲介大手のAirbnbとの提携でさらなる集客を図る

Airbnbは、世界191ヶ国8万1,000以上の都市にある宿泊施設の情報サイトを運営。旅館やホテルなどはオンライン旅行会社の予約サイトを活用する際に、Airbnbでの情報発信を加えることでさらなる集客を図ります。

また、Airbnbはサイトの使い方を学べる研修を希望する施設に向けて計画。2018年末までに別府市における30施設の掲載を目指し、観光キャンペーンやマーケティングの分野でも協力する予定です。

国内の旅館ホテル組合が、Airbnbと提携するのは初めてのこと。今回の提携で、より多くのインバウンド客が日本の温泉文化を楽しむようになるはずです。それにより、別府市の観光事業の発展につながり、さらにはインバウンド客のリピーター増加も期待できます。

福岡市も世界最大のオンライン旅行会社と連携協定し、インバウンド客の取り込みを強化

2018年7月3日に、福岡市と世界最大のオンライン旅行会社「米エクスペディアグループ」が連携協定を結びました。この協定で、同グループの海外旅行サイトに福岡市の情報を掲載。

九州地方は、アジア方面のインバウンド客に偏っています。同協定で、訪日の滞在期間が長く、消費も旺盛でたくさんのお金を地域に落とす、欧米からの観光客を増やすことが狙いです。

このように2019年のラグビーワールドカップに向けて、様々な地域で事業が拡大しています。新規のインバウンド客やリピーター増加を促すことで、インバウンド経済の発展がさらに進むはずです。

九州地方の外国人入国者について詳しく知りたい方は「九州の外国人入国者、2017年度は前年比28%増、500万人突破」をご一読ください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3464420027082018LXC000/

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 中国の検索大手バイドゥがJFNと連携。日本のカワイイ文化を発信

  2. 増える「観光税」出国税や宿泊税は、設備の改善やインフラ整備に使用予定

  3. 楽天トラベル、イニエスタ選手を起用したプロモーションを実施。欧州からの訪日客アップへ期待

  4. 自治体や企業の連携によるインバウンドプロモーションが続々登場

  5. セブンイレブンが民宿鍵の受け取りサービスを発表、6月15日施行の住宅宿泊事業法に合わせて開始

  6. 青森市、ねぶた祭に合わせて無料Wi-Fiなどのインバウンド対応を実施

  7. 楽天グループ、プリペイドSIMカードと観光情報アプリを連動。インバウンド客のニーズに応える

  8. 2020年までに3000億円を目標に。MICE誘致の取り組みに注目

地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP