Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

“TYFFONIUM SHIBUYA”が渋谷に2018年11月オープン

AR技術とVR技術の融合MR(複合現実)技術を活用した、次世代MRエンターテインメント施設

株式会社東急レクリエーション(東京都渋谷区:代表取締役社長 菅野信三)は、 MR技術を駆使した次世代MRエンターテインメント施設“TYFFONIUM SHIBUYA(ティフォニウム シブヤ) ”を2018年11月23日(金)(予定)、 渋谷にオープンします。 “TYFFONIUM SHIBUYA”はリアルとバーチャルを融合させたMRという技術を駆使した新感覚のエンターテイメント施設となっており、 ゲーム型ではなく”体験を重視するアトラクション型のMR”という新しいジャンルになります。

“TYFFONIUM SHIBUYA”の施設内では、 ヘッドマウントディスプレイを装着し、 仮想空間に複数人で入り込む体験を楽しめます。

MRの世界を歩いて巡る、 次世代ホラー系アトラクションの「Corridor (コリドール)」。

船に搭乗し、 生と死の狭間で展開する幻想的な航海がテーマのファンタジー系アトラクションの「FLUCTUS(フラクタス)」。

開業時は2種類のアトラクションMRを取り揃えております。

今後も新しいコンテンツを続々と登場させていき、 渋谷の新しい名所を目指します。

※ ニュースリリースの情報は、 発表日現在のものです。 発表後予告なしに内容が変更されることがあります。

あらかじめご了承ください。

関連記事

  1. 白馬村とKDDIが業務連携。通信技術やアプリを使ってインバウンド客の利便性アップへ

  2. 菅官房長官が二条城や伏見稲荷大社などを視察。インバウンド対策の拡大へ

  3. 改装中の「渋谷パルコ」が11月下旬にオープン。訪日客向けの店舗などを設置し幅広い客層の獲得を目指す

  4. 熊本、福岡で枚数限定のICカードが発売。くまモンのデザインで訪日客の関心を誘う

  5. 訪日ベトナム人向けに都内観光・通訳などをサポートする「Loco-Assist」サービスを開始

  6. インバウンド需要増で「戸建型宿泊施設」が島根で誕生。新型宿泊設備の提案

  7. 日本百貨店協会、インバウンド施策に「PinnAR」採用。画像スキャン機能で利便性を高める

  8. 山形県、2018年インバウンド受入延べ人数24万人を突破。チャーター便の運航などが訪日客の増加に影響…

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP