外国人富裕層の獲得を目指すインバウンド支援を開始します。インバウンドセミナーシリーズ 参加者を募集

外国人富裕層の獲得を目指すインバウンド支援を開始します ~インバウンドセミナーシリーズ 参加者を募集~

独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部(略称:中小機構関東、所在地:東京都港区、本部長:占部 治)は、外国人富裕層の獲得を目指すインバウンド支援を開始します。

外国人富裕層は、ここでしかできない体験や感動、生産者とのコミュニケーションなど、満足度の高さを追及する消費活動を行いますが、高付加価値の商品やサービスを有している中小企業でも「外国人富裕層市場にどうアプローチしてよいか分からない」「関心はあるが、どのような商品やサービスが受け入れられるか分からない」という課題を抱えています。

これらの課題解決につなげるべく、外国人富裕層の獲得を目指す伝統的産業分野など高付加価値商品の製造者、サービス事業者、宿泊事業者などを対象に、外国人富裕層獲得の「ポイント」を学び、日本の中小企業の高品質・高付加価値、 こだわりの商品やサービスを、外国人富裕層を取り扱うランドオペレーターなどと「マッチング」させて成功に導くプログラムを実施します。

インバウンド支援の第1弾として、外国人富裕層の消費動向や視点、富裕層獲得のポイントなどを解説するセミナーを全4回のシリーズで開催します。参加費は無料です。

本日から、セミナー参加者の募集を開始いたします。参加お申し込みは中小機構関東ホームページ内のURLをご覧下さい。

<開催概要>

■各回共通
対象:外国人富裕層の取り込みを目指す企業や地域の皆様
参加費:無料
その他:申込多数の場合は、抽選となります

■第1回

テーマ:外国人富裕市場の最新動向と消費性向、 富裕層の視点
日時:2018年10月15日(月曜)13:30~15:45(開場13:00)
場所:経団連会館カンファレンス(東京都千代田区大手町1-3-2)

講演1
講師:日本政府観光局(JNTO)市場横断プロモーション部富裕層担当 小林大祐氏
・富裕旅行市場の変遷、富裕旅行の市場規模
・富裕旅行者のマインド、消費の考え方
・外国人富裕層に向けた地域の魅力発信

講演2
講師:株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル 取締役 吉村久夫氏
・富裕旅行者を迎えるために企業や地域がまず準備しておくこと
・富裕旅行者はどのような消費を行うか、具体的な例について
・ファムトリップなどで明らかになった富裕旅行者の視点

■第2回

テーマ:クルーズ船富裕旅行者取り込みによる地方創生
日時:2018年10月30日(火曜)13:30~16:00(開場13:00)
場所:大手町サンケイプラザ(東京都千代田区大手町1-7-2)

講演1
講師:東武トップツアーズ株式会社 国際事業推進部 部長 濱野一哉氏

・ランドオペレーターがみる富裕旅行者取り込みに重要なこと
・富裕層向けのラグジュアリー観光で好まれるコースとは
・個別コーディネートのポイント、おもてなしの視点とは

講演2
講師:マーキュリートラベル株式会社(ポナン社日本地区 販売代理店)代表東山真明氏

・高級小型クルーズ船の取り込みの魅力、動向
・クルーズ船富裕層旅行者を取り込むため、地域が実施する仕掛けづくり
・地方における富裕層受け入れ例

講演3
講師:ディスティネーション・アジア マネージャー ハッティ・リチャードソン氏

・外国人富裕層向けツアー開発責任者が語る「魅力」のポイント
・富裕旅行者への対応で重要なこと
・富裕層向けツアーの成功例

■第3回

テーマ:地域の魅力発信と旅館との連携で外国人富裕層を地域に取り込む
日時:2018年11月12日(月曜)13:00~15:15(開場12:30)
場所:経団連会館カンファレンス(東京都千代田区大手町1-3-2)

講演1
講師:ザ・リョカンコレクション 代表 福永浩貴氏
ILTM(インターナショナル・ラグジュアリー・トラベル・マーケット)Japan 日本事務局

・世界の富裕層に認められる旅館、地域のおもてなしとは
・地域の良さをどう発信するか、富裕旅行者が求めるものとは
・宿泊施設と地域との相互連携で大切な視点

講演2
講師:かよう亭(石川県加賀市山中温泉)代表取締役社長 上口昌徳氏
北陸観光協会会長 石川県観光連盟副会長 山中温泉観光協会会長

・プライベートジェットで訪日客が訪れる旅館の魅力とは
・富裕旅行者に提供する「ここでしかできないコト消費」とは
・富裕ビジネスにおける地域産業とのコラボレーション

■第4回

テーマ:ラグジュアリー層を取り込む地域全体・広域の取り組み
日時:2018年11月12日(月曜)16:00~17:30(開場15:40)
場所:経団連会館カンファレンス(東京都千代田区大手町1-3-2)

講師:長野県白馬村観光局 事務局長 福島洋次郎氏

・長野オリンピックの経験をどう活かしてきたか
・オリンピック後の需要低減にどのように対応したか
・ラグジュアリー層を取り込む白馬地域のおもてなしとは
・ラグジュアリー層向けに白馬ブランドをどう発信しているか

(注) 内容は都合により変更になる場合があります。

<中小機構について>

中小企業基盤整備機構は、 日本の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として様々な中小企業支援を行う経済産業省所管の独立行政法人です。 全国9ヶ所の地域本部を拠点として、 中小企業の事業活動の活性化に向け、 創業や新事業展開、 販路開拓、 海外展開、 セーフティネットを含む経営基盤の強化などの中小企業の様々な課題に対し、 経営相談、 研修、 共済制度、 ファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施しています。

関連記事

  1. 汐留、目黒も東京にあるのが分からない?ホテルの名称に「東京」を入れる動きが相次ぐ!

  2. JTBが関西国際空港で農作物の販売を開始。ECサイトとの連携で売り上げアップを目指す

  3. Wi-Fiアライアンスが新しい暗号化技術を用いた「WPA3」を発表、Wi-Fi接続のセキュリティ強化…

  4. ANAとHuber.社が連携。国際交流やインバウンドプロモーションの強化につなげる

  5. 中国消費者向けECサイト「豌豆公主(ワンドウ)」が、オンライン免税店で資生堂コスメティックブランド商…

  6. 長野県HAKUBA VALLEY、訪日スキー客は2017-18シーズン、33万人(45%増)で過去最…

  7. 宮古島のキャッシュレス化を推進する実証実験が2日に開始。NTTドコモなど8つの団体が参加

  8. 楽天グループ、プリペイドSIMカードと観光情報アプリを連動。インバウンド客のニーズに応える

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP