Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

JTBが大阪で新事業を展開。最先端のおもてなしに注目

訪日外国人をおもてなしするうえで、日本文化の発信は欠かせません。さまざまな企業や団体が、インバウンド客向けのイベントを開催しています。

そんな中で、JTBの取り組みが注目を集めています。同社は大阪でナイトカルチャー創出事業を展開。訪日外国人へのおもてなしをする意向です。

具体的には、参加型のライブエンターテイメントで先端映像技術や和楽器を用いて訪日客を楽しませます。

今回の記事では、JTBのナイトカルチャー創出事業について紹介します。

ダンスミュージック、和楽器、映像技術を組み合わせたライブエンターテイメント

同社が開催するイベントは「OSAKA NIGHT REVORUTION」と名付けられ、和楽器などの和文化とダンスミュージックを融合させたものです。侍DJと呼ばれる兜(かぶと)をかぶったDJや、和装ダンサー、和楽器演奏者が出演します。

このイベントはこれまでも毎週金曜日に梅田のクラブで行われていました。そして、2018年の9月からは道頓堀の「道頓堀スクエア」で開催される予定です。道頓堀は多くの訪日外国人で賑わっており、これまで以上の盛り上がりが期待されます。

24時間安心で安全に楽しめるおもてなしを目指す

大阪ナイトカルチャー発掘・創業事業は、24時間安心で安全におもてなしできる都市を目指して進んでいる事業です。JTBが主催しており、後援には大阪の観光局がついています。

今回の「OSAKA NIGHT REVORUTION」の概要は以下の通りです。

  • 開催:2018年9月25日(火)~2018年12月18日(火) 毎週火曜日 全13回
  • 時間:20:30~21:15
  • 料金:3500円

チケットは訪日外国人向け観光案内所「関西ツーリストインフォメーションセンター」で購入できます。

その他、関西空港ターミナルや、道頓堀スクエアTONBORIでも販売しています。最先端のおもてなしに興味のある方は、ぜひ参加してみてください。

道頓堀スクエアについてもっと知りたい方は「JAFがインバウンド向け特設サイトを開設。訪日客に地方の魅力をアピール
」もチェックしてみてください。

参考:https://inboundnavi.jp/nightculture-osaka-jtb2018

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 北海道ニセコの電子地域通貨「NISEKO Pay」実証実験が公開。キャッシュレス決済で訪日客の店舗利…

  2. 国土交通省が2019年の地価基準を発表。インバウンド需要が高まる地方商業地で28年ぶりのプラス

  3. 石川県の小松空港、韓国やタイとの定期便就航などの訪日観光対策を会議

  4. 菅官房長官が二条城や伏見稲荷大社などを視察。インバウンド対策の拡大へ

  5. 観光庁の「宿泊施設インバウンド対応支援事業」とは?内容と申込み方法を解説。

  6. 難波(大阪市)にエディオンがオープン。忍者体験、キャッシュレスなど充実のサービスで訪日客を呼び込む

  7. 浜松地域でキャッシュレス化を推進。訪日客の受け入れ体制を整える

  8. ホームアウェイら3者、古民家認知拡大と地域活性化を目指した業務提携を締結

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP