楽天グループ、プリペイドSIMカードと観光情報アプリを連動。インバウンド客のニーズに応える

楽天グループが、日本国内で使えるプリペイドSIMカードと連動した観光情報アプリサービスで、インバウンド業界に参入しました。日本の観光地でまだ不十分であることが多い無料公衆Wi-Fiを整備して、インバウンド客のニーズに応えます。

海外では、観光地に無料公衆Wi-Fiが当たり前のように整備されています。そこで、日本の無料公衆Wi-Fiを楽天グループのプリペイドSIMカードで対応。さらに観光情報アプリ「J-TripGateway」と連動することで、無料で無制限の通信容量を得ることが可能です。

これにより、インバウンド客のネットに関する不満を解消し、充実した観光につなげていきます。

同サービスの主な提供国は台湾。2018年内には、

  • 英語
  • 中国語(簡体字)

などにも対応し、販売路線を拡大します。

無料の公衆Wi-Fiとお得な観光情報で、充実した観光を実現

このサービスでは、楽天グループのSIMカードを現地の、

  • 大手コンビニエンスストア
  • ドラッグストア
  • 空港の自動販売機
  • ECサイト

などの場所で購入する必要があります。

連動した観光アプリの広告閲覧や旅行サービス予約を利用することで、無料で通信容量をチャージできます。

つまり、訪日前に必要な、

  • 情報収集
  • ツアー予約
  • クーポン獲得

などを行いながら、日本で利用できるSIMカードの通信量を貯めることが可能です。

さらに、チャージした通信量は複数のSIMカードでシェアできます。そのため、家族や団体などの複数客で効率的にSIMカードを利用できるのです。

利用したSIMカードは、通信量をチャージすると次回の旅行にも使えるので、訪日客のリピーター増加につながります。

参考:楽天「J-TripGateway」

このシステムにより、

  • 旅マエ
  • 旅ナカ
  • 旅アト

で、アプリ利用者に日本の観光情報を発信。ホットな最新の観光情報と、新たな観光地開拓をインバウンド客に促します。

海外でも認知度の高い楽天グループが、インバウンド業界に参入。それにより、日本の観光事業のさらなる活性化が期待されます。

楽天グループにおける他のインバウンド事業について気になる方は「インバウンド需要増で「戸建型宿泊施設」が島根で誕生。新型宿泊設備の提案」をご一読ください。

参考:https://honichi.com/news/2018/09/12/jtripgateway/

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 民泊新法が全国でスタート、東京五輪へ向けて訪日客の受入整備が加速

  2. 東北を縦断するサイクリングツアーが実施。インバウンド客を「コト消費」で呼び込む

  3. トランスコスモス、通訳サービス「ことばスイッチ」を開発。観光地の企業などに提供

  4. 子連れ旅行を楽に!ベビー用品のレンタルサービスが誕生、英語にも対応

  5. そごう横浜店 全館無料Wi-Fiサービスを導入します

  6. 富士見町開発合同会社とヒルトン、運営契約を締結

  7. 日本の花嫁・花婿姿を宿泊プランで体験。ハネムーンで訪れた外国人客を呼び込む

  8. 浜松地域でキャッシュレス化を推進。訪日客の受け入れ体制を整える

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP