Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

「スマホだけで旅行が完結するアプリ」の実験が九州で開始

日本ユニシスとくまもとDMCなどの企業が、スマートフォンひとつで旅行が完結するアプリの実験を開始しました。

インバウンド客向けのサービスを提供する際、テクノロジーを活用すれば効率よくなることがあります。そのなかでも、スマートフォンは特に重要なアイテムです。というのも、スマートフォンは国籍を問わず誰でも持っています。

なので、便利なアプリを開発すると、インバウンド客のおもてなし向上が実現しやすいです。

今回の記事では、スマートフォンを使った九州でのインバウンド対策の実証実験についてお伝えします。

スマホアプリ「Japan Local City Card」で旅行が完結

この実験は、2017年に長崎県と熊本県が行っていた事業を、九州全域に拡大したものです。「Japan Local City Card」というアプリを使って、県をまたいだ観光客の送客と地域活性化を図ります。

同アプリでは観光地や周遊パスなどのチケットを販売。観光ガイドやクーポンを配信するほか、決済サービスも導入しています。この決済サービスのメリットは、店側が端末を用意しなくてもよいことです。

利用客のデータを収集してマーケティングに活用

同アプリは数分ごとに位置情報を取得して、観光関連のビッグデータを蓄積。データは分析してマーケティングに活用することで、新たなサービスの開発につながります。現在「Japan Local City Card」はインバウンド客向けのサービスですが、将来的には日本人向けにも展開していく予定です。

スマートフォンひとつで旅ができてしまう時代が、すぐそこまで来ています。荷物や現金などを持ち歩かなくても移動ができると、今よりも気軽に旅行することが可能です。九州で行われている実験の今後から目が離せません。

九州のインバウンド事情についてもっと知りたい方は「九州の外国人入国者、2017年度は前年比28%増、500万人突破」もチェックしてみてください。

参考:https://www.travelvoice.jp/20180913-117492

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. JTBが2019年の訪日客数を3,550万人と予測。ラグビーW杯などでさらなる追い風に

  2. 訪日観光に関連する業界で設備投資が増加。インバウンドの利便性を強化

  3. 観光庁、インバウンド対応をする宿泊施設のサポート強化へ。支援を利用する事業者の拡大を図る

  4. 札幌市が官民共同の組織を設立。インバウンドの消費動向を分析して地域活性化につなげる

  5. 九州の外国人入国者、2017年度は前年比28%増、500万人突破

  6. 日本法人バイドゥが訪日中国人のアンケート調査を実施。日本の正規商品は旅行時に購入

  7. インバウンド対応に特化した英会話サービスを開始

  8. 観光庁、訪日ムスリムの受け入れでアクション・プラン策定、食事・礼拝環境などの整備を

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP