「スマホだけで旅行が完結するアプリ」の実験が九州で開始

日本ユニシスとくまもとDMCなどの企業が、スマートフォンひとつで旅行が完結するアプリの実験を開始しました。

インバウンド客向けのサービスを提供する際、テクノロジーを活用すれば効率よくなることがあります。そのなかでも、スマートフォンは特に重要なアイテムです。というのも、スマートフォンは国籍を問わず誰でも持っています。

なので、便利なアプリを開発すると、インバウンド客のおもてなし向上が実現しやすいです。

今回の記事では、スマートフォンを使った九州でのインバウンド対策の実証実験についてお伝えします。

スマホアプリ「Japan Local City Card」で旅行が完結

この実験は、2017年に長崎県と熊本県が行っていた事業を、九州全域に拡大したものです。「Japan Local City Card」というアプリを使って、県をまたいだ観光客の送客と地域活性化を図ります。

同アプリでは観光地や周遊パスなどのチケットを販売。観光ガイドやクーポンを配信するほか、決済サービスも導入しています。この決済サービスのメリットは、店側が端末を用意しなくてもよいことです。

利用客のデータを収集してマーケティングに活用

同アプリは数分ごとに位置情報を取得して、観光関連のビッグデータを蓄積。データは分析してマーケティングに活用することで、新たなサービスの開発につながります。現在「Japan Local City Card」はインバウンド客向けのサービスですが、将来的には日本人向けにも展開していく予定です。

スマートフォンひとつで旅ができてしまう時代が、すぐそこまで来ています。荷物や現金などを持ち歩かなくても移動ができると、今よりも気軽に旅行することが可能です。九州で行われている実験の今後から目が離せません。

九州のインバウンド事情についてもっと知りたい方は「九州の外国人入国者、2017年度は前年比28%増、500万人突破」もチェックしてみてください。

参考:https://www.travelvoice.jp/20180913-117492

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. インバウンド需要増で「戸建型宿泊施設」が島根で誕生。新型宿泊設備の提案

  2. 徳島県鳴門市、訪日外国人対応強化 多言語通訳機能タブレットを設置

  3. 英会話外国人講師が神奈川県真鶴町の魅力を体験、インバウンド対策を提案するプログラム

  4. インバウンド対応に特化した英会話サービスを開始

  5. 日本法人バイドゥが訪日中国人のアンケート調査を実施。日本の正規商品は旅行時に購入

  6. 中国語のリスニングと発音の強化に特化した無料の中国語学習アプリ「中国語耳ゲー for Android…

  7. 東北を縦断するサイクリングツアーが実施。インバウンド客を「コト消費」で呼び込む

  8. 長野県白馬、古民家などを利用しスキーリゾート地を再生開発。国内外からの観光客を呼び込む

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP