函館の観光バスツアーを遺愛女高生が体験。訪日客の通訳ボランティアに活かす

函館地区バス協会が、遺愛学院の女子高英語科の生徒を招待して、函館市内の観光名所をめぐるバスツアーを開催。招かれた生徒は、函館に来るクルーズ船の訪日客に対して行う、通訳ボランティア活動に活かします。

昨年に続き2回目となる今回のバスツアーでは、函館市内の観光名所をめぐり、現役のバスガイドから観光施設の歴史や説明を聞きまわります。この試みにより、生徒たちの日頃の通訳ボランティアにさらなる磨きをかけることが狙いです。

参加した生徒は高校1、2年生合わせて15人。回った場所は、

  • トラピスチヌ修道院
  • 五稜郭タワー
  • 箱館奉行所
  • 五島軒本店
  • 函館山山頂

です。このツアーにより、生徒たちは改めて函館の素晴らしさを実感。施設にまつわる人物や歴史、文化などを学ぶことで、27日から始まる通訳ボランティア活動に活かします。

遺愛女子高英語科の通訳ボランティアは夏休み中にも実施

遺愛女子高英語科の生徒は、勉強の一環として様々な通訳ボランティアを実施。学校で勉強している英語力を試すためのよい機会になります。

7月30日には、北海道にある市場の一つ「函館市場」で、訪れた海外旅行客を案内する「函館朝市通訳ボランティア」を実施。電子書籍と朝市マップを片手に、生徒たちは通訳に取り組んでいます。

7月9日には、クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」を迎えて客船ボランティアを実施。英語科3年生にとっては最後となるボランティアで、訪日客に函館市内を英語で案内をしています。そのお返しとして、生徒たちは「体験乗船」させてもらいクルーズ船員などと交流を深めました。

観光庁は訪日客向けにボランティアガイドを紹介

観光庁は日本に訪れる外国人旅行者に向けて、都道府県や言語ごとに、ボランティアガイドを紹介しています。

紹介しているホームページでは、

  • 対応言語
  • 地域
  • 名前
  • 連絡先

などボランティアガイドの情報を掲載。外国人旅行者が直接連絡を取って依頼できます。

参考:観光庁「訪日外国人旅行者向けにボランティアガイドの紹介」

観光庁は、このような施策によって、訪日客と現地のボランティアガイドの交流を深めます。

遺愛女子高英語科の通訳ボランティアは、訪日客に手厚いおもてなしをする一方で、学生にとっては外国人との交流を深めるいい機会です。このようにお互いのプラスになる試みを、日本各地で広まることが望まれます。

その他の県が実施しているボランティアガイド育成について詳しく知りたい方は「神奈川県、ボランティアガイド講座を本格化。無料で質の高いガイド育成へ」もチェックしてみてください。

参考:https://www.hokkaido-np.co.jp/article/231123

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 汐留、目黒も東京にあるのが分からない?ホテルの名称に「東京」を入れる動きが相次ぐ!

  2. 徳島県、訪日客向けのバス2日乗り放題券を発売

  3. 家電をジェスチャー操作する実験が公開。IoT技術を活用したインバウンド対応に期待大

  4. 長野県白馬、古民家などを利用しスキーリゾート地を再生開発。国内外からの観光客を呼び込む

  5. ナビタイムジャパン、訪日客の行動分析システムを提供開始。企業などのインバウンド対策をサポート

  6. ビックカメラがAI翻訳のポケトークを導入。人手不足も見越した積極的な活用へ

  7. ANAグループのANA総合研究所などが13社が参画して、「地域創生インバウンド協議会」を設立。 イン…

  8. 【地方出張歓迎】ユニヴァ・ペイキャスト、米子商工会議所・境港商工会議所でインバウンド受け入れ対策に関…

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP