ソフトバンクと中国配車サービス会社が新事業を開始。新たなビジネスモデルに注目

日本への中国人旅行客は増え続けており、中国人マーケットの開拓は課題になっています。業種を問わず、中国人インバウンド客へのアプローチをどうするべきかが重要です。

このような流れを受けて、ソフトバンクと中国の配車サービス大手「滴滴出行(ディディチューシン)」が合同出資で会社を立ち上げました。その名も「DiDiモビリティジャパン」。同社はタクシー会社の第一交通産業にシステムを提供し、中国人旅行客の取り込みを図ります。

今回の記事では、DiDiモビリティジャパン社の取り組みとタクシー配車サービスの課題についてお送りします。

操作はアプリで完結。自動翻訳機能もあり

DiDiモビリティジャパンのサービスを利用する場合、まずは滴滴出行のアプリをダウンロードします。自動翻訳機能がついているので、あとはタクシーを呼ぶだけです。

アプリでは目的地への到着時間を予想したり、中国の決済サービスである「アリペイ」を利用できたりします。なので、中国人旅行客は訪日後もこのアプリだけでタクシー利用が可能です。

同アプリの利用者は5億人以上おり、今回のサービス開始をきっかけに中国人旅行客の取り込みが期待できます。日本人向けにもアプリの配信は始まっており、割引クーポンなどで顧客の獲得しつつある状況です。

タクシー会社にもメリットがあるビジネスモデルに注目

これまでのタクシー配車サービスは、既存のタクシー会社の需要を奪ってしまうという課題がありました。国によっては配車アプリのボイコットを求めてタクシー運転手によるストライキが起こるなど、深刻な問題も浮き彫りになっています。

DiDiモビリティジャパン社のビジネスモデルは、タクシーの売り上げから一定比率の報酬を受け取るものです。

これはタクシー会社にとってメリットがあります。そのため、この仕組みが普及すれば、配車サービスを提供する会社も、既存のタクシー会社も共存できる市場が形成される可能性が高いです。

タクシー配車サービスについてもっと知りたい方は「UBERはインバウンド客に人気の移動手段。配車サービスの普及やタクシー料金を改善すれば、交通機関の混雑が解消できる」もチェックしてみてください。

参考:https://www.sankei.com/west/news/180924/wst1809240048-n2.html

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. “かんきつ王国”愛媛を満喫。サイクリングで観光復興支援!えひめオレンジサイクリングを開催!

  2. “TYFFONIUM SHIBUYA”が渋谷に2018年11月オープン

  3. 淡路島、配車サービスUberの導入実験を開始。インバウンド客の利便性アップへ

  4. 海外のお客様にも大人気!浴衣セット付の宿泊プラン今年も販売!

  5. 京都市、関西統一交通パスの訪日利用者データを分析。交通ルート開拓など新たな課題に取り組む

  6. 日本の観光資源を映画化し、海外へ発信するソリューションを提供

  7. 2020年までに3000億円を目標に。MICE誘致の取り組みに注目

  8. 貨物輸送のWEB予約サービス「ANA SKY Cargoプラス」で航空輸送がスムーズに

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP