「発見!体験!埼玉県宿泊型旅行商品コンテスト」優秀賞受賞!~人気コンテンツ「温泉むすめ」コラボ企画~「秩父にみんなで来ちゃいなYO!」9月26日発売!

KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:丸山隆司)のグループ会社である株式会社近畿日本ツーリスト首都圏(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:田ヶ原 聡)は、 埼玉県と(一社)埼玉県物産観光協会が実施した「発見!体験!埼玉県宿泊型旅行商品コンテスト」に、 国内旅行企画商品「秩父にみんなで来ちゃいなYO!」を応募し、 優秀賞を受賞しました。 これを受け、 9月26日より当該ツアーを発売いたします。

当社では大勢のお客様の埼玉県への誘客をはかります。
https://goo.gl/b8RT1f

このコンテストは、 現在埼玉県を訪問する観光客の多くが日帰りであるため、 宿泊することで新たな魅力を発見し体験していただくために実施された、 埼玉県初の宿泊型ツアー販売促進の取り組みです。
埼玉県の「自然」「歴史・文化」「グルメ・お酒」「スポーツ体験・アクティビティ」「アニメ聖地・ドラマロケ地巡り」の5つのテーマ(部門)に対し、 全体で旅行会社10社から47本の提案があり、 14本のツアーが優秀賞に選ばれました。

当社が応募・受賞したツアー「秩父にみんなで来ちゃいなYO!」は、 「アニメ聖地・ドラマロケ地巡り」部門で、 「温泉むすめ」(※)とコラボレーションした秩父地区を対象とした宿泊プランです。
プランには宿泊者限定の特典として、 「温泉むすめ」のキャラクターで、 秩父をモチーフとした「秩父 美祭」のイラストが入ったオリジナルTシャツがついています。

秩父 美祭 (C) 温泉むすめ/Enbound, Inc.

https://onsen-musume.jp/character/chichibu_matsuri

「秩父 美祭(ちちぶ まつり)」オリジナルTシャツ

 

<「秩父にみんなで来ちゃいなYO!」 概要>

https://goo.gl/b8RT1f

  • 設定期間:2018年10月6日~2019年1月30日(宿泊)
  • プラン設定宿泊施設
    [秩父地区] 和銅鉱泉 ゆの宿 和どう/ナチュラルファームシティ農園ホテル/ホテル美やま/いこいの村ヘリテイジ美の山
    [長瀞地区] 花のおもてなし 長生館/長瀞レクリエーションホテル養浩亭
  • 宿泊者限定特典:「温泉むすめ」のキャラクター「秩父 美祭」イラスト入りオリジナルTシャツ
  • 旅行代金一例:ナチュラルファームシティ農園ホテル(1~5名1室利用/朝食付プラン):8,400円~20,800円

当社では、 本企画を通して、 キャラクターファンである若い男性の顧客層に秩父にご宿泊いただき、 秩父地区はもちろん、 埼玉県の様々な魅力を知っていただくことにより次なる来訪につなげ、 宿泊施設や観光施設をはじめとした埼玉県の地域活性化をお手伝いしてまいります。

「温泉むすめ」とは

株式会社エンバウンド(本社:東京都渋谷区、 代表者:橋本 竜)が展開する地方活性クロスメディアプロジェクト。 日本全国の温泉をモチーフにしたキャラクターとその声を担当する声優たちが、 全国の温泉地を盛り上げるべく、 アニメや漫画、 ゲームなどを使った「アイドル活動」を通じて人々に“笑顔と癒し”を与えるプロジェクトです。 キャラクターには、 全国各地の温泉地の名がつけられており、 その数は総勢100以上に上ります。 昨年3月からの本格稼働にもかかわらず、 主に10代~30代の若い男性にファン層が広がり、 Twitterのフォロワー数はすでに35,000人を突破しています。

https://onsen-musume.jp/

関連記事

  1. イベント「JAPAN INBOUND FESTIVAL(ジャパフェス)」開催で世界中のインフルエンサ…

  2. 2020年までに3000億円を目標に。MICE誘致の取り組みに注目

  3. 観光庁、訪日ムスリムの受け入れでアクション・プラン策定、食事・礼拝環境などの整備を

  4. 地方企業に特化した経営コンサルのグローカルがインバウンド事業をスタート

  5. 外国人富裕層の獲得を目指すインバウンド支援を開始します。インバウンドセミナーシリーズ 参加者を募集

  6. 首都圏自治体、五輪に向けて受動喫煙対策を検討

  7. 訪日客向けアプリ「Payke」、プッシュ通知で災害情報の無償提供をスタート

  8. 近畿大学の留学生に大阪の文化「笑い」を提供、吉本興業の「インバウンド向け公演」のマーケティングにも貢…

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP