関西地区で動画発信やクーポン配布などによるインバウンド誘致。台風被害からの回復をアピール

風21号が関西圏に与えた被害を1つの原因として、関西地区への訪日外国人の数が減少しています。21日から同空港の第1ターミナルが稼働を再開しましたが、訪日客数は伸び悩んでいるのが現状です。

京都市内では台風の直後に相次いだ宿泊のキャンセルが落ち着き、客足が戻りつつありますが、依然としてアジア圏を中心にインバウンド客の数は多くありません。

このような事態を受けて、京都の観光団体や鉄道各社が、訪日客を呼び戻す活動をはじめました。今回の記事では、関西地区のインバウンド客誘致の取り組みをご紹介します。

動画発信で復興をアピール。展望券の配布も

京都市観光協会は、二条城や嵐山といった観光地でインタビューを行い、動画をYouTubeやFacebookで公開しました。

台風21号のニュースは海外にも伝わり、風評被害があります。ゆえに、安全に観光ができることをアピールして客足を取り戻す狙いです。

また京都ホールディングスでは、京都タワーの無料展望券を訪日客に配布しています。枚数は10万枚で、10月末まで配布する予定です。同社が運営している琵琶湖汽船も、アンケートに回答した訪日客には、観光船ミシガンの乗船料を半額にします。

JR西日本も訪日客向けサービスを開始。系列の施設では電子決済でクーポン配布

JR西日本は、関西空港で預かった荷物を、JR京都駅や市内のホテルに無料で配送するサービスをはじめました。こちらは先着2000名限定で、インバウンド客の集客に効果が期待されます。

同社の系列の商業施設では、中国の電子決済サービス「アリペイ」を利用した場合にクーポンを配布する予定です。

台風被害を受けた関西を盛り上げるために、関西地区が一丸となって活動をしています。これからの動向に注目です。

関西のインバウンド事情についてもっと知りたい方は「京都市がインバウンド対策の助成金制度を創設。Wi-Fiやキャッシュレス対応の資金を援助」もチェックしてみてください。

参考:https://this.kiji.is/417509464156980321?c=220450040231249399

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 「八王子まつり」山車情報を多言語化したサービスを提供。IoTやGPSを利用した情報発信で地方創生へ

  2. インバウンド対策の強化を九州が宣言。欧米豪からの観光客増加を狙う

  3. 増える「観光税」出国税や宿泊税は、設備の改善やインフラ整備に使用予定

  4. 青森市、ねぶた祭に合わせて無料Wi-Fiなどのインバウンド対応を実施

  5. ビックカメラがAI翻訳のポケトークを導入。人手不足も見越した積極的な活用へ

  6. 中部国際空港に忍者体験ができるVRコンテンツが設置。お得な特典で地方のインバウンド誘客に

  7. 長野県HAKUBA VALLEY、訪日スキー客は2017-18シーズン、33万人(45%増)で過去最…

  8. 銀座三越、地下1階の化粧品売り場に最新の案内板を設置。訪日客向けに多言語対応

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP