JR東日本が英語応対能力検定とeラーニング教材を採用。社員のおもてなし力向上を目指す

インバウンド客の対策をするうえで、多言語対応は避けては通れません。昨今は各企業が語学教育に力を入れて、高水準なおもてなしができるように努力しています。

そんななかで、JR東日本が新たな施策を発表しました。同社は英語によるおもてなし力の向上のため

  • 英語応対能力検定
  • ココマナ

の2つを取り入れます。両方とも、インバウンド客へのおもてなしを想定したものです。

今回の記事では、JR東日本のインバウンド客対策の取り組みと、「英語応対能力検定」と「ココマナ」の内容についてお送りします。

英語応対能力検定は業種別試験もあり。JR東日本の社員が受験する予定。

英語応対能力検定は、

  • 鉄道
  • 販売
  • 飲食
  • タクシー
  • 宿泊

の業種別の英語能力検定に加え、街角での対応を想定した一般試験があります。それぞれのシチュエーションで必要な言い回しを習得する検定です。旺文社、毎日新聞、カシオ計算機が共同で運営する「学びUPコミュニケーションズ」が実施しています。

JR東日本やグループ会社の社員はこの検定を受験し、訪日外国人へのおもてなし力を向上させていく予定です。試験は2019年2月20日~3月15日におこなわれます。

ココマナは短期集中型のeラーニング教材

ココマナは、英語応対能力検定が公認したeラーニング教材です。

  • 販売
  • 飲食
  • 鉄道
  • 宿泊

の4つの業種別で、それぞれの仕事で必要な英語力を身につけられます。1日25分程度の練習時間で、最短2ヶ月で習得可能です。

JR東日本は社員の英語力を向上させるため、ココマナも採用することにしました。英語応対能力検定と併せて、短期間でおもてなし力を磨く予定です。

インバウンド客対応に語学力は必須ですが、習得に時間がかかるのが難点です。同社の取り組みは、短期間で多言語対応をする場合のモデルになります。今後の取組に注目です。

多言語対応についてもっと知りたい方は「インバウンド客への多言語対応でスムーズな接客を! 手軽にできる対策からおすすめアプリまでご紹介」もチェックしてみてください。

参考:https://tetsudo-ch.com/1040713.html

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. ナビタイムジャパン、訪日客の行動分析システムを提供開始。企業などのインバウンド対策をサポート

  2. ANAとHuber.社が連携。国際交流やインバウンドプロモーションの強化につなげる

  3. 静岡でインバウンド客向けのタクシーツアーが開始。アプリでの観光案内などを実施

  4. 仙台空港から有名観光地を繋ぐ直行バスPR動画を宮城県が公開、3ヶ国語の字幕付きでインバウンドもターゲ…

  5. Gardia(ガルディア)「No Show(無断キャンセル)保証サービス」の導入事業者(飲食、宿泊、…

  6. ビックカメラがAI翻訳のポケトークを導入。人手不足も見越した積極的な活用へ

  7. 北海道富良野・旭川エリアに特化したアクティビティ・ツアー予約サイト「トレジャーフラノ」をオープン!

  8. 長野県白馬、古民家などを利用しスキーリゾート地を再生開発。国内外からの観光客を呼び込む

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP