マカオ政府、中国「国慶節」大型連休の旅客数データを公表。約83%は中国本土から

マカオ政府旅遊局が、10月1日から6日までの訪マカオ旅行客数の統計データを公表。このデータは、中国の建国記念日「国慶節」の大型連休に合わせて集計しました。

2018年はこの大型連休が1日から7日まで続き、マカオ政府旅遊局は、毎年この時期のインバウンド客数の統計データを出しています。

今年6日までの累計データでは、総インバウンド旅客数が前年同時期から11.8%増加して81万2,452人。中国本土からの旅行客数は、前年同時期より18.9%増加の67万7,078人です。

比較すると、大型連休中の中国本土からの旅行客数の占める割合は83.3%にも上ります。

訪マカオ旅行客数は、昨年では過去最高の3250万人に

近年、マカオに訪れる旅行客が増加しています。昨年の方マカオ旅客数は、過去最高の約3250万人。日本の2017年の訪日旅行客数2869万人と比べても、多くの旅行客が訪れていることがわかります。

マカオは、

  • 聖ポール天主堂跡
  • セナド広場
  • 聖ドミニコ教会
  • モンテの砦

などの世界遺産も多く、世界的に有名な観光地です。かつては、ポルトガルの植民地だったことから、西洋と東洋の文化が混ざり合った独特の雰囲気があります。そのため、歴史的建造物も多く、観光地としての発展しているのです。

また、マカオにはインバウンド集客法の一つとしてカジノもあります。

日本でも2016年12月に、統合型リゾート(IR)整備推進法案、通称「カジノ法案」が成立しました。観光客を集めるために、インバウンド対策として活用される見込みです。

中国の国慶節は、日本のインバウンド需要にも影響

2017年の国慶節では、

  • 600万人の中国人旅行客
  • 旅行消費額8兆円

もの影響がありました。そのため、日本では中国人観光客に対するインバウンド対策を実施し、訪日中国人客数の拡大を図ります。

2017年の訪日客数は約735万人で、たくさんのインバウンド客が日本を訪れました。今回のマカオの統計データのように、海外から旅行客が増える時期を知れば、さらにインバウンド対策が進むはずです。

訪日中国人客のインバウンド対策について詳しく知りたい方は「国慶節とは?概要と中国人インバウンド客への対策をご紹介」をご一読ください。

参考:https://www.macaushimbun.com/news?id=25358

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 銀座三越、地下1階の化粧品売り場に最新の案内板を設置。訪日客向けに多言語対応

  2. 全国の空き家に悩む消費者・自治体向けサービス 不動産買取専門サイト「不動産買取ナビ」リニューアル

  3. 米子空港で訪日外国人旅行者向けに「SIMカード無料配布サービス」開始

  4. 秋田の3市町がガイド付きサイクリングツアーを企画。季節感あふれる景色で訪日客を魅了

  5. 空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

  6. 貨物輸送のWEB予約サービス「ANA SKY Cargoプラス」で航空輸送がスムーズに

  7. 2020年までに3000億円を目標に。MICE誘致の取り組みに注目

  8. ナビタイムジャパン、訪日客の行動分析システムを提供開始。企業などのインバウンド対策をサポート

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP