インバウンド向け両替サービスが提供開始。ローソン「Loppi」から手軽に日本円の換金が可能に

「クイーンビーキャピタル株式会社(QUEEN BEE CAPITAL)」は、インバウンド向け両替サービス「PayForexCash(ペイフォレックス キャッシュ)」の提供を開始。このサービスは、訪日客が自国の電子ウォレットを通じて日本円に両替できるものです。

利用場所は、ローソンやナチュラルローソンに設置しているマルチメディア端末「Loppi」。専用アプリで両替操作を行い、発行されたレシートをレジで店員に渡すと日本円を受け取れます。

同サービスにより、訪日客は日本に着いてからの換金作業がスムーズに。また、店側にも複雑な作業工程がないので、作業コストも増えません。

今回は第一弾として、香港の企業が運営する電子ウォレットサービス「TNG Wallet」が対象です。

香港は、訪日客数の割合も多く、現金を持たないキャッシュレス化が進んでいます。クイーンビーキャピタル社は、同サービスの提供でインバウンド対策の手応えを掴みます。

「PayForexCash」は、日本円からの入金も可能

「PayForexCash」は、換金した日本円を受け取るだけでなく、余った日本円を電子ウォレットに入金することもできます。

具体的な入出金方法は、以下の通りです。

【電子ウォレット→日本円】

  • スマートフォンアプリから日本円の両替、現金の引き出しを予約し、QRコードを取得
  • ローソンなどにある「Loppi」端末に、QRコードを読み込ませて申込券を発券
  • 申込券をレジ持っていき、日本円を受け取る

【日本円→電子ウォレット】

  • スマートフォンアプリから日本円の戻入れ予約をして、QRコードを取得
  • ローソンなどにある「Loppi」端末に、QRコードを読み込ませて申込券を発券
  • 申込券をレジに持っていき、余った日本円をレジに支払う

出典:QUEEN BEE CAPITAL 訪日観光客向け両替「PayForex Cash」

全国展開しているローソンで換金できるので、訪日客は比較的どこにいても日本円を入手できます。他の電子ウォレットで普及すれば、より多くの訪日客にサービスを提供することが可能です。

海外、特に中国や香港では「キャッシュレス化」が進んでいます。今回の両替サービスでは、訪日客に利便性の高い観光を提供。インバウンド満足度を高め、国外からの観光客増加を狙います。

その他の、訪日客向け両替サービスについて気になった方は「大手カラオケチェーン店に外貨両替機設置、インバウンドニーズに対応」もチェックしてみてください。

参考:https://www.travelvoice.jp/20181009-119003

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 自治体や企業の連携によるインバウンドプロモーションが続々登場

  2. 関西地区で動画発信やクーポン配布などによるインバウンド誘致。台風被害からの回復をアピール

  3. 谷中で豆腐、味噌からカレー、ビーガンラーメンや書道・茶道まで多彩な体験プログラムを用意【九条Toky…

  4. 北海道釧路市が観光客数を発表。「観光立国ショーケース」としてさら訪日客増加を目指す

  5. 京都で新しいリアルRPG型の忍者体験が登場

  6. 汐留、目黒も東京にあるのが分からない?ホテルの名称に「東京」を入れる動きが相次ぐ!

  7. 泊食分離(はくしょくぶんり)で旅館の稼働率をアップ。飲食店の活性化にもつなげた星野リゾートの事例を紹…

  8. 日本の観光資源を映画化し、海外へ発信するソリューションを提供

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP