無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版 無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版

JTBとラオックスが業務提携。訪日プロモーションで企業や自治体などを支援

JTBコミュニケーションデザインと大手総合免税店を展開しているラオックス株式会社が、訪日中国人向けのインバウンドプロモーションの開発、販売について業務提携を締結しました。訪日中国人の集客を狙う企業などに、サービスを提供します。

具体的なサービスの内容は、

  • 来店者アンケート等による調査支援サービス
  • ラオックスSNS会員に向けた広告配信などのプロモーション
  • 店内特別販売コーナーやラオックス越境ECサイトでの販売支援

などです。

インバウンドビジネスを展開する企業や団体は、これらのプロモーションにより「商品の認知度を向上」「インバウンドサービスの改善や強化」が期待できます。

両社は今までのノウハウを活かしたプロモーションを展開

JTBコミュニケーションデザインは、約30年間にわたりインバウンドプロモーションを展開。数多くの実績があります。

具体的には、

  • 海外現地でのプロモーション実績
  • 受入環境整備に関する幅広いラインナップ
  • MICE領域(企業や団体等のビジネス会議、イベントなど)における豊富な実績

などです。

同社は、日本国内からの情報発信に加えて、海外現地での旅行博への出店やイベント開催の実績があります。また、インバウンド向けコンテンツの開発や多数の観光案内所を運営。幅広いアプローチで、インバウンド対策の強化を行います。

対してラオックス社は、総合免税店として事業を展開。全国各地で約40店舗を運営し、年間220万人以上の訪日中国人客を集めています。

2016年2月には、中国の大手不動産会社と合弁会社を設立。そして、2017年に複合商業施設「千葉ポートスクエア ポートタウン」を新たに開業しています。

この施設は、買い物(モノ)や体験(コト)を一ヶ所で楽しめる場所です。これにより、国内だけでなく海外からの集客も狙います。

続いては、その他のインバウンドプロモーションの一例をご紹介します。

ANAの社員教育に、ガイドマッチングサービスを利用

ANAが、ガイドマッチングサービスを展開する株式会社Huber.に出資し連携を図ります。

その一環として、ANAの社員教育に訪日客向けガイドマッチングサービス「Huber.」を利用。訪日客と積極的に国際交流を深めることで、外国人とのコミュニケーション力を向上させます。

一方Huber.社は、ANAと連携して発信力を強化。訪日客のさらなる集客を行い、インバウンドマーケティングの活性化につなげます。

JTBコミュニケーションデザインとラオックス社の提携によるプロモーション支援は、両社だけでなく提供される企業にもメリットが多いです。両社は、今まで培ってきたノウハウや実績をフルに活かし、企業や団体のインバウンド事業拡大を支援します。

ANAとHuber.社の提携について詳しく知りたい方は「ANAとHuber.社が連携。国際交流やインバウンドプロモーションの強化につなげる」をご一読ください。

参考:https://www.travelvoice.jp/20181012-119249

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 家電をジェスチャー操作する実験が公開。IoT技術を活用したインバウンド対応に期待大

  2. 中国消費者向けECサイト「豌豆公主(ワンドウ)」が、オンライン免税店で資生堂コスメティックブランド商…

  3. Vチューバーを使った観光誘致が各地で。特産品や観光情報を世界に発信

  4. Gardia(ガルディア)「No Show(無断キャンセル)保証サービス」の導入事業者(飲食、宿泊、…

  5. 島根県出雲市のインバウンドPR動画、公開から約4ヵ月で視聴回数1,200万回突破

  6. 大阪市西成区の新築マンションが即日完売。インバウンド需要アップの影響か

  7. 丸の内にある訪日客向け総合観光案内所がリニューアルオープン。インバウンド対策の強化を図る

  8. 観光庁の「宿泊施設インバウンド対応支援事業」とは?内容と申込み方法を解説。

地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP