Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約3分で読めます

沖縄の夜を彩る、新イルミスポットをネイキッドが演出!

11/3(土)から瀬長島ウミカジテラス オリジナルマッピングショーがスタート!

株式会社ネイキッド(東京都渋谷区、 代表 村松亮太郎)は、 2018年11月3日(土)~2019年1月31日(木)に沖縄県内の屋外型商業施設「瀬長島ウミカジテラス」にて、 瀬長島の歴史を散りばめた、 無料で楽しめるプロジェクションマッピングショー「Senaga Starry Night-陽が沈む島の星物語-」を企画・演出・制作致します。

夜のウミカジテラスで楽しむ、 瀬長島の神秘的な世界

沖縄といえば昼間楽しむスポットとして美しい海や沖縄料理などが有名ですが、 夜間に飲食以外に楽しめるスポットが少ないという現状に対し、 沖縄の夜の新スポットとして地元の方や観光客等どなたでも楽しむことができるオリジナルのプロジェクションマッピングショーを企画・制作致しました。

沖縄の西に位置し、 「太陽が沈む島」である瀬長島。 瀬長島ウミカジテラスは、 海に囲まれ、 美しい夕陽や星空を望むことのできる屋外型商業施設です。 今回の「Senaga Starry Night-陽が沈む島の星物語-」では、 瀬長島の美しい自然や生き物、 伝統や歴史をもとにしたストーリーを施設内大階段にプロジェクションマッピングにより投影。 瀬長島近郊に実在する「くじら島」をモチーフとした生き物や、 輝く星々が空間を埋め尽くすなど神秘的な星の海の世界を表現します。 マッピングショー以外の時間では、 階段に映し出される海の中に入り写真を撮って楽しむなど、 新たな「夜のウミカジテラス」の体験を演出します。

イベント詳細

名称:Senaga Starry Night-陽が沈む島の星物語-

開催日時 :2018年11月3日(土)~2019年1月31日(木)
実施場所:瀬長島ウミカジテラス ステージ前 階段付近(沖縄県豊見城市174-6)
投影時間:19:00~22:00(日没時間によりスタート時間変動あり)
イベント料金:無料
イベント公式HP: https://umikajinight.info
企画・演出:NAKED Inc.(ディレクター:川坂翔、 テクニカルディレクター:船本賢悟、 サウンドディレクター:堤聖志、 デザイナー:小山田繭子)

<瀬長島ウミカジテラス ~空港から一番近いリゾート島~>

2015年夏、 沖縄・那覇空港近くの瀬長島にオープンした癒しと感動のアイランドリゾート。 海に囲まれた絶好のロケーションに、 モダンな白い建物と南国の植物が並び、 異国の海沿いの街のようなリゾート感を味わえる。 沖縄ならではの果物・野菜、 地産メニューを中心にしたグルメ・スイーツショップ、 Made in OKINAWAのジュエリー・クラフトショップ、 マリンアクティビティ、 足湯まで楽しめる沖縄の新しい観光・ショッピングスポット。 テラス席から離着陸する飛行機が間近で見られるほか、 美しい夕陽が眺められる「太陽が沈む島」としても人気。

<株式会社ネイキッド(NAKED Inc.)について>

1997年、 村松亮太郎を中心に、 映像ディレクター/デザイナー/CGディレクター/ライターなどが集まり設立されたクリエイティブカンパニー。 メディアやジャンルを問わず、 映画/広告/TV/インスタレーションなど様々なクリエイティブ活動を続ける。 近年はプロジェクションマッピングを始めとした様々な技術や美術造作、 演出を組み合わせ、 光を使った空間の総合演出を手がけている。 現在、 自社が企画・演出・制作を手がけたイベントやショーが通算200万人以上を動員している。

・公式サイト: http://naked-inc.com
・NAKED Inc. 公式サイト: http://naked-inc.com
・NAKED Inc. Twitterアカウント:@NAKED_STAFF
・NAKED Inc. Instagramアカウント:@naked_inc

関連記事

  1. 中国No.1旅行メディアと日本企業が提携し、越境O2O事業へ参画。インバウンド需要の喚起を目指す

  2. 2018年の訪日客数が3000万人を突破。東京五輪に向けて順調な推移

  3. 株式会社ティ・エ・エスとD2Cが業務提携、WEBやツアーを通じて訪日外国人に日本の観光地をPR

  4. ANA総研はじめ3社連携で新たな訪日旅行サービスが開始。企画から旅行のサポートまで幅広く展開

  5. 愛知県がインバウンド向けのモニターツアー実施。農作物の魅力をSNSなどで伝える

  6. 観光庁が名刺サイズのリーフレットを制作。災害時などの情報収集する手段として訪日客に配布

  7. 様々な業界でインバウンド向けの多言語対応や通訳サービスなどを実施。東京五輪に向けて各社が競う

  8. 「観光公害」について観光庁が初の調査を実施。増える訪日客などに向けて対策を検討

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP