Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

銀座三越、地下1階の化粧品売り場に最新の案内板を設置。訪日客向けに多言語対応

東京都中央区銀座にある「銀座三越」は、デジタルサイネージシステムを導入しました。

同システムにおいては、タッチパネル式のディスプレイを地下1階の化粧品売り場に設置します。急増する訪日外国人観光客向けに、店舗案内をするのが目的です。

対応する言語は、

  • 日本語
  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語(繁体字、簡体字)

の5つ。

また、ディスプレイには旬の情報を効果的に発信するプロモーション機能も整備する見込みです。訪日客の悩みを解消することに加えて、お得な情報で購買意欲を高めます。

さらには、従業員が店舗案内に費やす時間を減らすことが可能です。これにより、人件費などのコストを削減できます。

今回のディスプレイ導入で、新規の来店客がスムーズなショッピングを可能に

今回設置される店舗案内用ディスプレイは、目当ての商品や店舗名を検索すると、フロアマップが表示されます。

さらにルート案内で、スムーズに売り場まで移動できるシステムもあるのが特徴です。そのため初めての来店でも、戸惑うことなく商品や店舗を探すことができます。

また、

  • 期間限定商品
  • 旬のおすすめ品
  • 店内イベントなどの案内

などもアナウンス可能です。探している商品以外にも興味を持ってもらい、インバウンド消費の活性化を図ります。

訪日客の消費動向は、高額商品から日用品に

以前は、中国人観光客が家電製品などの高額商品を大量購入する「爆買い」がよく取り上げられていました。しかし、日本政府観光局(JNTO)の調査によると、近年のインバウンド消費動向は、高級品から日用品に変わりつつあります。

出典:訪日外国人旅行者の消費動向とニーズについて

銀座三越では地下鉄と直結していることもあり、化粧品売り場の混雑が懸念されています。これらの問題を解消するために、サイネージによる店舗案内システムの導入が決まりました。

インバウンド需要の拡大により、今後も様々な問題が発生することが予想されます。企業や自治体は、今回のように観光客増加を見越した素早い対応が求められます。

インバウンド消費動向について気になった方は「ドラッグストアでは化粧品の売上が好調。「True Data」が8月のインバウンド消費動向を調査」もチェックしてみてください。

参考:https://www.zaikei.co.jp/sp/article/20181022/473277.html

関連記事

  1. 成田空港で「光る江戸図」の展示を開催。貴重な史料で日本文化の魅力や歴史を訪日客にPR

  2. 中国消費者向けECサイト「豌豆公主(ワンドウ)」が、オンライン免税店で資生堂コスメティックブランド商…

  3. そごう横浜店 全館無料Wi-Fiサービスを導入します

  4. 航空各社と国土交通省が地方誘致に向けたインバウンド対策を検討。訪日客限定の航空券や運賃制度などを導入…

  5. トランスコスモス、通訳サービス「ことばスイッチ」を開発。観光地の企業などに提供

  6. TOEIC960点レベルの多言語翻訳プラットフォームが登場。多分野への提供を急ぐ

  7. 九州で訪日客向けの特設サイト開設。サムライ文化を活かしたインバウンド対策

  8. ぐるなびが秋田でインバウンド対策の講演を実施。集客法をわかりやすくレクチャー

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP