Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

東急ホテルズ、訪日外国人サポートを強化した保険セット宿泊プランを開始 

 東急ホテルズは、「訪日外国人向け海外旅行保険」やチェックアウトの延長サービス等をセットにした宿泊プランの販売を、3月28日より開始しました。

 この宿泊プランの主な補償内容は、「日本国内におけるケガや病気に対する1,000万円までの治療費補償」です。その他の付帯サービスとしては

  • 医療機関の紹介や医療通訳サービス
  • 治療費のキャッシュレスサービス
  • 電話による通訳サービス
  • ケガ人、病人およびご遺体の移送サービス

が付いており、その他にも旅行をサポートする

  • パスポートおよびクレジットカード紛失、盗難時のサポート
  • 空港、ホテル間の送迎予約、手配
  • 旅行関連の安全情報の提供(天候、予防接種等健康関連情報等)
  • 親族等へのメッセージ伝達

が付いています。

 宿泊プランの対象となるホテルは、東京と大阪を結ぶ「ゴールデンルート」上にある、ザ・キャピトルホテル 東急、セルリアンタワー東急ホテル、名古屋東急ホテル、京都東急ホテル、大阪東急REIホテル、新大阪江坂東急REIホテルの6ホテルです。

増加する訪日外国人への対応が求められる観光業界

 東急ホテルズでの2017年度の訪日外国人の利用人数は、対前年で10%以上増加しており、今回の宿泊プランを開始する6つのホテルの外国人の宿泊者比率は平均40%を超えています。訪日外国人旅行者数の急速な増加に伴い、課題として浮上しているのが事故や不慮のケガ・病気等への対応です。

 2017年から2018年にかけて観光庁が行った調査によると、訪日外国人の約3割が海外旅行保険に未加入であることがわかっています。無保険での医療機関の受診は、高額な医療費発生がトラブルになりやすいのが問題です。医療機関の負担となるだけでなく、日本への観光イメージの悪化にもつながることから、官民一体となって訪日外国人旅行者への安心・安全を確保する流れが強まっています。

 2020年の東京オリンピックに向けて、今後ますます訪日外国人対応に求めれらるハードルは高くなっていくことでしょう。

参考:https://www.tokyuhotels.co.jp/company/pressrelease/130//index.html

関連記事

  1. JTB、訪日客向け案内所にデジタルサイネージを設置。Airbnbサービスの認知向上を狙う

  2. JNTO、上半期の訪日客数を発表。2020年の目標に向けて順調に推移

  3. 松山市がBluetooth(ブルートゥース)でのインバウンド対策を開始。Wi-Fiや案内板の設置に役…

  4. 京都でインバウンド客の子どもを預かるサービスが開始。水墨画など日本文化の体験も可能に

  5. ドローンを使った「鎌倉 空力車」観光サービス開始!

  6. ホームシェアリング施設「SAKURA」がオープン。ユニークな空間で国内外からの顧客を呼び込む

  7. ナビタイムジャパン、訪日客の行動分析システムを提供開始。企業などのインバウンド対策をサポート

  8. 電子雑誌「旅色」の台湾版、長野県安曇野市を特集。地方のインバウンド集客を図る

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP