東急ホテルズ、訪日外国人サポートを強化した保険セット宿泊プランを開始 

 東急ホテルズは、「訪日外国人向け海外旅行保険」やチェックアウトの延長サービス等をセットにした宿泊プランの販売を、3月28日より開始しました。

 この宿泊プランの主な補償内容は、「日本国内におけるケガや病気に対する1,000万円までの治療費補償」です。その他の付帯サービスとしては

  • 医療機関の紹介や医療通訳サービス
  • 治療費のキャッシュレスサービス
  • 電話による通訳サービス
  • ケガ人、病人およびご遺体の移送サービス

が付いており、その他にも旅行をサポートする

  • パスポートおよびクレジットカード紛失、盗難時のサポート
  • 空港、ホテル間の送迎予約、手配
  • 旅行関連の安全情報の提供(天候、予防接種等健康関連情報等)
  • 親族等へのメッセージ伝達

が付いています。

 宿泊プランの対象となるホテルは、東京と大阪を結ぶ「ゴールデンルート」上にある、ザ・キャピトルホテル 東急、セルリアンタワー東急ホテル、名古屋東急ホテル、京都東急ホテル、大阪東急REIホテル、新大阪江坂東急REIホテルの6ホテルです。

増加する訪日外国人への対応が求められる観光業界

 東急ホテルズでの2017年度の訪日外国人の利用人数は、対前年で10%以上増加しており、今回の宿泊プランを開始する6つのホテルの外国人の宿泊者比率は平均40%を超えています。訪日外国人旅行者数の急速な増加に伴い、課題として浮上しているのが事故や不慮のケガ・病気等への対応です。

 2017年から2018年にかけて観光庁が行った調査によると、訪日外国人の約3割が海外旅行保険に未加入であることがわかっています。無保険での医療機関の受診は、高額な医療費発生がトラブルになりやすいのが問題です。医療機関の負担となるだけでなく、日本への観光イメージの悪化にもつながることから、官民一体となって訪日外国人旅行者への安心・安全を確保する流れが強まっています。

 2020年の東京オリンピックに向けて、今後ますます訪日外国人対応に求めれらるハードルは高くなっていくことでしょう。

参考:https://www.tokyuhotels.co.jp/company/pressrelease/130//index.html

関連記事

  1. 「君の名は。」の影響で、長野県諏訪市の立石公園はアジアからの観光客が殺到

  2. JTBが新商品を発売。カップル向けプランや日本の四季を体験できる内容に

  3. Wi-Fiアライアンスが新しい暗号化技術を用いた「WPA3」を発表、Wi-Fi接続のセキュリティ強化…

  4. 「八王子まつり」山車情報を多言語化したサービスを提供。IoTやGPSを利用した情報発信で地方創生へ

  5. 徳島県、訪日客向けのバス2日乗り放題券を発売

  6. 中国の検索大手バイドゥがJFNと連携。日本のカワイイ文化を発信

  7. 青森市、ねぶた祭に合わせて無料Wi-Fiなどのインバウンド対応を実施

  8. 政府がムスリム訪日客を増やすための行動計画を策定。訪日客4,000万人達成に向けて1歩前進

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP