PayPayがAlipayと連携。中国人インバウンド客の増加を図る

インバウンド客の消費を促すうえで、決済方法は多様化していたほうが有利です。世界ではキャッシュレス化が進んでいますが、日本はまだまだ現金主義が根強い傾向にあります。

現金以外での決済方法を増やすことは、訪日客の消費アップにつながるはずです。

そのような中、東京のPayPay株式会社は、中国の「Alipay」と連携をしました。訪日数が最も多い中国人客をターゲットに、より便利に買い物をしてもらうことが目的です。

今回の記事では、同社の取り組みと新しいサービスの内容についてお送りします。

AlipayとPayPayの連携で消費の拡大に期待

Alipayは世界最大のモバイル及びオンライン決済のプラットフォームです。とくに中国では利用者が多く、7億人以上が利用しています。海外にもサービスを提供しており、日本も含む40カ国で利用することが可能です。

中国人は訪日外国人のなかで最も多く、それゆえに消費額も大きいです。今回の連携で、更に消費を増やすことができると期待されています。

Alipay利用者はPayPay加盟店で決済可能に

今回の連携により、Alipay利用者はPayPay加盟店でQRコードを使って決済できるようになりました。これにより、同サービスの利用者はより便利に買い物ができます。

中国人観光客は2017年には735万人を超え、消費額は1.6兆円にも達しました。

ビジネスにおいて、顧客のデータは非常に大切です。Alipayの利用者を取り込むことにより、より詳細な中国人観光客のデータを手に入れることができます。それを利用すれば、現在よりも顧客の需要に合ったサービスや商品を提供できるようになります。

中国人観光客は今後も増え続けると予想されます。同サービスの今後の動きに注目です。

中国人インバウンド客についてもっと知りたい方は「マカオ政府、中国「国慶節」大型連休の旅客数データを公表。約83%は中国本土から」もチェックしてみてください。

参考:https://www.iotnews.jp/archives/110026

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 奈良県でAI観光案内サービスの実証実験が開始。NTTが画像認識や対話できる人工知能を提供

  2. 民泊事業を展開する4社が業務提携。宿泊施設などの運営をより効率よく

  3. 月間PV数350万以上の香港向け訪日インバウンドメディア「LIKE JAPAN」が日本国内で広告サー…

  4. 近畿大学の留学生に大阪の文化「笑い」を提供、吉本興業の「インバウンド向け公演」のマーケティングにも貢…

  5. 日本国内の約5万件のホテル・旅館・民泊を一括検索、比較ができるiOSアプリ「WithTravel」を…

  6. 神奈川県厚木市、外国語メニューなどに補助金を提供する新制度を導入

  7. 2017年の民泊市場が倍増、1,251億円に。りそな総研が試算

  8. 岡山県岡山空港、国際線の大幅増で初の25万人突破

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP