Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

京成電鉄、タイで企画乗車券の販売拠点を増加。「旅マエ」からのインバウンド対策を強化

京成電鉄は、11月1日よりタイの旅行代理店「JTB タイランド」で訪日外国人向けの企画乗車券の販売を開始します。

販売する訪日客向けの企画乗車券は、

  • スカイライナークーポン
  • Keisei Skyliner & Tokyo Subway Ticket

の2種類です。

この乗車券で利用できる「京成スカイライナー」は、大型荷物用のスペースが充実。また、訪日客向けの無料Wi-Fiサービスもあります。

また京成電鉄は今までタイにおいて、

  • 「H.I.S.Tours」
  • 「CA Recommends」

の2拠点で乗車チケットを販売してきました。

今後は、「JTB タイランド」を含めた3拠点で企画乗車券を販売し、増加し続けるインバウンド需要に対応します。

「JTB タイランド」では、3種類の企画乗車券を販売

「JTB タイランド」では、

  • 「スカイライナー片道」:大人2,200円、小児1,100円
  • 「スカイライナー往復+Tokyo Subway 24-hour Ticket」:大人4,700円、小児2,350円
  • 「スカイライナー往復+Tokyo Subway 48-hour Ticket」:大人5,100円、小児2,550円

という3種類の企画乗車券のみを販売します。

「スカイライナー片道」は、企画乗車券スカイライナークーポンです。旅マエに旅行代理店で購入できる「京成スカイライナー」の乗車券割引サービスになります。

「スカイライナー往復+Tokyo Subway 24-hour Ticket」と「スカイライナー往復+Tokyo Subway 48-hour Ticket」は、企画乗車券Keisei Skyliner & Tokyo Subway Ticketの1つです。

この企画乗車券は、京成スカイライナーの往復券と「Tokyo Subway Ticket」を組み合わせた乗車券の割引サービスになります。

「Tokyo Subway Ticket」は、

  • 東京メトロ9路線
  • 都営地下鉄の4路線

の合計13路線が時間指定で乗り放題になるチケットです。

京成電鉄は、これらの企画乗車券の販売を促進し、訪日客により良い観光を提供します。

また、今回のタイ以外では、

  • 中国
  • 韓国
  • インドネシア
  • フィリピン
  • イギリス

などの計18カ国で幅広く企画乗車券を販売。さらなる販売拠点の拡大で、訪日客の「旅マエ」を充実させることが狙いです。

さらに、訪日客のニーズに合わせた割引サービスを充実することで、さらなるインバウンド需要の活性化が期待できます。

その他のタイ人へのインバウンド対策について詳しく知りたい方は「タイ人へのプロモーションを効果的に行うには?プロモーションのポイントを解説」もチェックしてみてください。

参考:http://www.keisei.co.jp/information/files/info/20181023_184201859371.pdf

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. Vチューバーを使った観光誘致が各地で。特産品や観光情報を世界に発信

  2. Gardia(ガルディア)「No Show(無断キャンセル)保証サービス」の導入事業者(飲食、宿泊、…

  3. 日本で1人1,000円の出国税がスタート。税金は旅行環境の整備やインバウンド誘致のために

  4. クーポン掲載開始】香港人気最大級、訪日インバウンドメディア「LIKEJAPAN」(ライクジャパン)上…

  5. エスエフシーが通訳サービスアプリの代理販売を契約。沖縄県内の施設へ広めて、訪日客の利便性アップを

  6. 雪合戦でインバウンド誘致を。群馬県みなかみ町の取り組みに注目

  7. 安来市観光協会が在住外国人との交流会を開催。外国人ならではの意見をインバウンド対策に活かす

  8. 東北を訪れるインバウンド客が増加。国際便の増加や季節行事が後押しに

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP