無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版 無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版

京成電鉄、タイで企画乗車券の販売拠点を増加。「旅マエ」からのインバウンド対策を強化

京成電鉄は、11月1日よりタイの旅行代理店「JTB タイランド」で訪日外国人向けの企画乗車券の販売を開始します。

販売する訪日客向けの企画乗車券は、

  • スカイライナークーポン
  • Keisei Skyliner & Tokyo Subway Ticket

の2種類です。

この乗車券で利用できる「京成スカイライナー」は、大型荷物用のスペースが充実。また、訪日客向けの無料Wi-Fiサービスもあります。

また京成電鉄は今までタイにおいて、

  • 「H.I.S.Tours」
  • 「CA Recommends」

の2拠点で乗車チケットを販売してきました。

今後は、「JTB タイランド」を含めた3拠点で企画乗車券を販売し、増加し続けるインバウンド需要に対応します。

「JTB タイランド」では、3種類の企画乗車券を販売

「JTB タイランド」では、

  • 「スカイライナー片道」:大人2,200円、小児1,100円
  • 「スカイライナー往復+Tokyo Subway 24-hour Ticket」:大人4,700円、小児2,350円
  • 「スカイライナー往復+Tokyo Subway 48-hour Ticket」:大人5,100円、小児2,550円

という3種類の企画乗車券のみを販売します。

「スカイライナー片道」は、企画乗車券スカイライナークーポンです。旅マエに旅行代理店で購入できる「京成スカイライナー」の乗車券割引サービスになります。

「スカイライナー往復+Tokyo Subway 24-hour Ticket」と「スカイライナー往復+Tokyo Subway 48-hour Ticket」は、企画乗車券Keisei Skyliner & Tokyo Subway Ticketの1つです。

この企画乗車券は、京成スカイライナーの往復券と「Tokyo Subway Ticket」を組み合わせた乗車券の割引サービスになります。

「Tokyo Subway Ticket」は、

  • 東京メトロ9路線
  • 都営地下鉄の4路線

の合計13路線が時間指定で乗り放題になるチケットです。

京成電鉄は、これらの企画乗車券の販売を促進し、訪日客により良い観光を提供します。

また、今回のタイ以外では、

  • 中国
  • 韓国
  • インドネシア
  • フィリピン
  • イギリス

などの計18カ国で幅広く企画乗車券を販売。さらなる販売拠点の拡大で、訪日客の「旅マエ」を充実させることが狙いです。

さらに、訪日客のニーズに合わせた割引サービスを充実することで、さらなるインバウンド需要の活性化が期待できます。

その他のタイ人へのインバウンド対策について詳しく知りたい方は「タイ人へのプロモーションを効果的に行うには?プロモーションのポイントを解説」もチェックしてみてください。

参考:http://www.keisei.co.jp/information/files/info/20181023_184201859371.pdf

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. あべのハルカスの天空庭園で「こたつ×鍋」メニュー開始。訪日客などに日本の風物詩を提供

  2. ANAのふるさと納税、6月から新たに14自治体が参加

  3. 仙台空港から有名観光地を繋ぐ直行バスPR動画を宮城県が公開、3ヶ国語の字幕付きでインバウンドもターゲ…

  4. JTBが大阪で新事業を展開。最先端のおもてなしに注目

  5. 訪日客向けアプリ「Payke」、プッシュ通知で災害情報の無償提供をスタート

  6. 銀座三越、地下1階の化粧品売り場に最新の案内板を設置。訪日客向けに多言語対応

  7. LGBTツーリズムで東北を復興へ 六月よりLGBTツーリズムセミナーを開催

  8. 地域を元気に!ご当地プロレス最大級のお祭り!武藤敬司プロデュース“プロレスフェス2018” 2018…

地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP