ホテル大手マリオットと積水ハウスが道の駅にホテルを設置。リピーター開拓が狙いか

世界のホテル最大手「マリオット」と積水ハウスは、道の駅に訪日外国人向けのホテルを併設することを決めました。インバウンド客を受け入れる宿泊施設が不足している状況を受けて、リピーター需要を開拓することが狙いです。

2020年以後に事業を開始して、京都市などを中心に全国に15箇所設置する予定です。

今回の記事では、マリオットと積水ハウスの取り組みをご紹介します。

地域の文化も取り入れた施設で集客を図る

地方にある道の駅に併設するホテルでは、地域の文化や特産品を活用して集客をする方針です。自治体とも協力して、訪日客が好みそうな観光資源を掘り起こします。

施設は3階建てから4階建ての低層ホテルを想定しており、2020年の秋以降に岐阜や京都など5府県にオープンする予定です。

  • ホテルを拠点にドライブをする
  • 周辺でアウトドアをする

などの体験を求めている訪日客を取り込むのが狙いです。

建設用地は自治体から借りる見込みで、資金は積水ハウスや金融機関がつくるファンドから出資されます。

地方のホテル不足を解消し、訪日客の数を増やすのが狙い

日本を訪れる外国人は増えており、都市部だけでなく地方の人気も上がっています。郷土料理や伝統芸能を体験したいというインバウンド客が増えているのです。

その一方で、地方都市での宿泊施設の不足が問題になっています。東急ホールディングスや大和ハウス工業が長期滞在型ホテルの計画を進めていますが、多くの都市ではホテル不足です。

今回の積水ハウスとマリオットの取り組みで地方のホテル不足が解消されれば、新たなインバウンド需要を掘り起こせるかもしれません。

今後は民泊も普及していく可能性があり、外国人を受け入れるノウハウを持った宿泊施設が増えれば、市場の開拓にも繋がります。

インバウンド客向けの宿泊施設について詳しく知りたい方は「民泊事業を展開する4社が業務提携。宿泊施設などの運営をより効率よく」もチェックしてみてください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3747067007112018916M00/

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 訪日客向けアプリ「Payke」、プッシュ通知で災害情報の無償提供をスタート

  2. 「観光公害」について観光庁が初の調査を実施。増える訪日客などに向けて対策を検討

  3. 中国語のリスニングと発音の強化に特化した無料の中国語学習アプリ「中国語耳ゲー for Android…

  4. 国土交通省は関西空港のPRを開始。台風被害からの復旧をアピール

  5. PayPayがAlipayと連携。中国人インバウンド客の増加を図る

  6. 別府がAirbnbとの提携で温泉地を世界に発信。ラグビーW杯に向け、インバウンド客の受け入れ体制を広…

  7. チェス×有田焼。価格をおさえた普及版で伝統工芸産業を盛り上げる

  8. 【地方出張歓迎】ユニヴァ・ペイキャスト、米子商工会議所・境港商工会議所でインバウンド受け入れ対策に関…

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP