インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

Gardia(ガルディア)「No Show(無断キャンセル)保証サービス」の導入事業者(飲食、宿泊、美容、その他)が5,000店舗を突破!

新規性の高いビジネス領域特有のリスクを保証するGardia株式会社(代表取締役社長:小山 裕、 本社:東京都港区)は、 2017年10月より展開している「No Show(無断キャンセル)保証サービス」について、 2018年11月15日時点で、 導入事業者の数が5,000店舗を突破したことをお知らせいたします。

■Gardiaの「No Show」に対する取り組みついて

Gardiaは、 飲食、 宿泊(旅行)、 美容(サロン)等の各サービスについて、 予約をしたにも関わらず、 当日になって無断キャンセル、 つまり「No Show(ノーショー)」をした予約者が発生した場合に、 サービス提供者側(飲食店舗、 宿泊施設など)が被る 被害 を保証するサービスを日本で唯一提供しています。

また、 2018年9月13日発の弊社プレスリリースでお知らせをしております通り、 保証だけではなく「無断キャンセル抑止に向けた取り組み」にも力を入れる ことで、 全方位的な課題解決に向けた取り組みを進めております。

この度、 当社のサービス導入店舗が5,000店舗を超えたことは、 当社のこれまでの取り組みが評価され、 社会に受け入れられつつある証左だと理解しております。

Gardiaは今後とも、 No Show被害の保証と発生抑止という双方の観点から真摯な取り組みを継続し、 サービス業界全体の発展に貢献して参る所存です。

【Gardia株式会社について】

Gardia株式会社は、 インターネットが社会の中心となる時代に「新しい信用を創造する」会社です。 No Showのほか、 FinTechやRetailTech等の新規性の高いビジネス領域におけるリスクを積極的に引き受け、 これまでにない形で保証サービスや決済サービス(ガルペイ)を提供いたします。 誰もがリスクをチャンスに、 チャンスを喜びに昇華できる環境を。 フリークアウトグループのコーポレートビジョン「人に人らしい仕事を」を、 Gardiaでは、 ”人が人らしいチャレンジ”をできる世界を開拓することで追求し、 創造的な社会に貢献いたします。

会社名:Gardia株式会社

代表者:代表取締役社長 小山 裕
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木 6-3-1 六本木ヒルズクロスポイント
事業内容:FinTech等の新規事業領域に対する保証サービス、 後払い決済(ガルペイ)事業
URL: https://gardia.jp/

関連記事

  1. NEC新サービスでスマホからインバウンド動向を分析。大分県での取り組みに注目

  2. 政府が出入国制限の緩和に向けて4ヶ国との協議を開始。ビジネス客などを優先し景気回復に努める

  3. 事件・事故に巻き込まれた外国人に対応 青森県警が「民間通訳人」を募集

  4. オンラインでインバウンド業務を学ぶ。「インバウンドリーダー」に注目

  5. 「発見!体験!埼玉県宿泊型旅行商品コンテスト」優秀賞受賞!~人気コンテンツ「温泉むすめ」コラボ企画~…

  6. 日本百貨店協会、インバウンド施策に「PinnAR」採用。画像スキャン機能で利便性を高める

  7. 石川県の小松空港、韓国やタイとの定期便就航などの訪日観光対策を会議

  8. 2019年上半期の訪日客数が過去最高を記録。各地の取り組みにより外国人宿泊者数がアップ

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP