Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

Gardia(ガルディア)「No Show(無断キャンセル)保証サービス」の導入事業者(飲食、宿泊、美容、その他)が5,000店舗を突破!

新規性の高いビジネス領域特有のリスクを保証するGardia株式会社(代表取締役社長:小山 裕、 本社:東京都港区)は、 2017年10月より展開している「No Show(無断キャンセル)保証サービス」について、 2018年11月15日時点で、 導入事業者の数が5,000店舗を突破したことをお知らせいたします。

■Gardiaの「No Show」に対する取り組みついて

Gardiaは、 飲食、 宿泊(旅行)、 美容(サロン)等の各サービスについて、 予約をしたにも関わらず、 当日になって無断キャンセル、 つまり「No Show(ノーショー)」をした予約者が発生した場合に、 サービス提供者側(飲食店舗、 宿泊施設など)が被る 被害 を保証するサービスを日本で唯一提供しています。

また、 2018年9月13日発の弊社プレスリリースでお知らせをしております通り、 保証だけではなく「無断キャンセル抑止に向けた取り組み」にも力を入れる ことで、 全方位的な課題解決に向けた取り組みを進めております。

この度、 当社のサービス導入店舗が5,000店舗を超えたことは、 当社のこれまでの取り組みが評価され、 社会に受け入れられつつある証左だと理解しております。

Gardiaは今後とも、 No Show被害の保証と発生抑止という双方の観点から真摯な取り組みを継続し、 サービス業界全体の発展に貢献して参る所存です。

【Gardia株式会社について】

Gardia株式会社は、 インターネットが社会の中心となる時代に「新しい信用を創造する」会社です。 No Showのほか、 FinTechやRetailTech等の新規性の高いビジネス領域におけるリスクを積極的に引き受け、 これまでにない形で保証サービスや決済サービス(ガルペイ)を提供いたします。 誰もがリスクをチャンスに、 チャンスを喜びに昇華できる環境を。 フリークアウトグループのコーポレートビジョン「人に人らしい仕事を」を、 Gardiaでは、 ”人が人らしいチャレンジ”をできる世界を開拓することで追求し、 創造的な社会に貢献いたします。

会社名:Gardia株式会社

代表者:代表取締役社長 小山 裕
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木 6-3-1 六本木ヒルズクロスポイント
事業内容:FinTech等の新規事業領域に対する保証サービス、 後払い決済(ガルペイ)事業
URL: https://gardia.jp/

関連記事

  1. ナビタイムジャパン、訪日客の行動分析システムを提供開始。企業などのインバウンド対策をサポート

  2. 尾花沢市でインバウンド対応強化 音声翻訳機10台導入で5ヶ国語に対応

  3. 観光地に「混雑課金」導入の流れ、インバウンド客増加による車での流入制限が目的か

  4. アニメ作品の聖地を巡るツアーが販売開始、otomo社のインバウンド対策に注目

  5. 京都で新しいリアルRPG型の忍者体験が登場

  6. ANA総研はじめ3社連携で新たな訪日旅行サービスが開始。企画から旅行のサポートまで幅広く展開

  7. 観光庁が口コミで広がる人気観光スポットを発掘。SNSの画像や書き込みをAIで分析

  8. 岩手銀行と凸版印刷株式が連携。キャッシュレス化の推進に向けて環境の整備へ

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP