JTBが関西国際空港で農作物の販売を開始。ECサイトとの連携で売り上げアップを目指す

JTBは、関西国際空港の国際線ゲート内に果物の販売店をオープンします。12月3日に営業を開始して、日本産の農作物を購入できる場所を作る予定です。日本の果物などをお土産として持ち帰りたい訪日客をターゲットにします。

今回の記事では、JTBの新しい取り組みについて紹介します。

ECサイトとの連携で売り上げのアップを目指す

今回オープンするお店は「Js’ Agri Market(ジェイズアグリマーケット)」という名前で、ECサイトとの連携をしています。

利用者はインターネットで予約した商品を、関西国際空港内の実店舗で受け取れる仕組みです。JTBは9月にECサイトを立ち上げ、航空便で生産地から直送するサービスを行っています。実店舗を設置して、ECサイトの認知度を上げることが狙いです。

訪日客は帰国の一週間前までにこのサイトで商品を購入すれば、JTBが有料で検疫を代行し、店舗で受け取ることができます。店舗では検疫済みの商品を販売する他、試食もできます。訪日客の消費拡大はもちろん、農泊などにつなげることも狙いです。

他の空港での営業も目指す。帰国後の購入も視野に入れて営業

国産農産物を扱う店舗は愛知県常滑市の中部国際空港にもありますが、出国後に検疫済みの商品を購入できる場所は今回のお店が国内初です。

試食コーナーでは、ECサイトでは伝わらないおいしさを伝え、帰国後の購入にもつなげる狙いがあります。訪日客に人気の

  • いちご
  • シャインマスカット

など10品目を売り出し、月間で300万円の売り上げを目指します。

JTBは、今後は他の空港でも店舗を開設することを目指して、関西国際空港での営業に力を入れていく予定です。

空港でのインバウンド対策について詳しく知りたい方は「米子空港で訪日外国人旅行者向けに「SIMカード無料配布サービス」開始」もチェックしてみてください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37797430V11C18A1LKA000/

 

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. 中国No.1旅行メディアと日本企業が提携し、越境O2O事業へ参画。インバウンド需要の喚起を目指す

  2. 海外のお客様にも大人気!浴衣セット付の宿泊プラン今年も販売!

  3. 東南アジア大使館関係者が山梨県笛吹市の魅力を学ぶ 〜訪日外国人観光客誘致を目的とした視察訪問〜

  4. 全国の空き家に悩む消費者・自治体向けサービス 不動産買取専門サイト「不動産買取ナビ」リニューアル

  5. 英会話外国人講師が神奈川県真鶴町の魅力を体験、インバウンド対策を提案するプログラム

  6. 多言語AIチャットボット「talkappi」が災害情報の提供機能を追加。AIによる自動対応で人手不足…

  7. 関西地区で動画発信やクーポン配布などによるインバウンド誘致。台風被害からの回復をアピール

  8. 電子雑誌「旅色」の台湾版、長野県安曇野市を特集。地方のインバウンド集客を図る

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP