Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

京葉銀行がHISと提携。海外進出をする企業を支援

京葉銀行はHISと業務提携し、取引先企業の海外進出を支援する体制を拡大します。同社の海外ビジネス提供サービスにつなぐなどして、企業や自治体のインバウンド対策を支援する予定です。

今回の記事では、京葉銀行とHISの取り組みについてお送りします。

企業の要望を吸い上げ、HISと連携して支援

HISは70カ国のビジネス支援を行う「グローバルビジネスアドバンス」を展開しています。他にも赴任者の渡航手配や現地スタッフによる開業支援なども行っており、海外にネットワークを持っているのが強みです。

京葉銀行は海外進出を検討する取引先企業の要望を各支店で吸い上げ、HISのサービスを紹介します。現地の販売先や企業リストの作成などから承ることができ、費用は10万円程度からです。HISによると、すでに300社以上の利用実績があります。

オリンピックを控え、インバウンド対策が課題

千葉県内では2020年の東京オリンピックを控え、インバウンド対策が課題です。京葉銀行は、成田空港を利用するインバウンド客の観光客対策を、自治体や観光企業に提案します。その際もHISを紹介し、同社のネットワークを使った対策をおすすめするのです。

HISは世界157都市に活動網を持っています。それを利用して、県内の観光地や宿泊施設の情報を同社の代理店を通して発信する他、各国での市場調査に基づいて新しいツアー商品を展開していく予定です。

近年は東南アジアからの訪日客が増えているので、HISの拠点を活用して効果的なインバウンド対策をしていきます。

京葉銀行は、政府系ファンドのREVICと提携して、観光事業に力を入れる企業を資金面で支援する事業も行います。同銀行の今後の動きに注目です。

地方でのインバウンド対策について詳しく知りたい方は「地域(地方)創生の事例3つ。インバウンド対策と絡めることで、人口減少のストップにつながる」もチェックしてみてください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3794357019112018L71000/

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 日本法人バイドゥが訪日中国人のアンケート調査を実施。日本の正規商品は旅行時に購入

  2. 神戸市摩耶山、開発規制を緩和。レストランなどを建てることが可能に

  3. 東京モノレール周辺で訪日客の「旅ナカ」を支援する実証実験が開始。アプリやシェアリングサービスを利用

  4. 「セイコードリームスクエア」が銀座にオープン。セイコーブランド時計の魅力を国内外に発信

  5. 観光庁が名刺サイズのリーフレットを制作。災害時などの情報収集する手段として訪日客に配布

  6. 奈良県でAI観光案内サービスの実証実験が開始。NTTが画像認識や対話できる人工知能を提供

  7. 荷物一時預かりシェアリングサービス、アパマンショップ直営の全店舗へ導入

  8. 楽天トラベル、イニエスタ選手を起用したプロモーションを実施。欧州からの訪日客アップへ期待

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP