店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか? 店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

大阪万博に向けて進む夢洲付近の都市開発。継続的なインバウンド効果を狙う

 先日、2025年の万博開催地に決まった大阪では、インバウンド施策として様々な開発が行われています。

 特に、大阪万博の舞台となる夢洲(ゆめしま)付近では、

  • 夢洲の南東にある咲洲(さきしま)での大型複合施設の建設
  • 大阪で有名な水族館「海遊館」の夢洲への移転

などが検討。インバウンド需要の増加はもちろんのこと、長期滞在が多い欧米やオーストラリアからの訪日客を重点的に狙います。

 今回の万博開催は、

  • 2020年:訪日外国人客4000万人
  • 2030年:訪日外国人客6000万人

などの政府が掲げたインバウンド目標に向けて、大阪の都市開発にさらなる追い風となります。

大阪第3の街として「ニシ」を盛り立てる

 大阪では、

  • 鉄道のアクセスが発達しているキタ
  • 新喜劇など遊び場が発達しているミナミ

などの繁華街に訪日客の多くが集まります。

 そして今回、万博が開催される「ニシ」でも様々な観光戦略を展開。一時的なものではなく、継続的な経済効果を目指します。

 その一例としてアーク不動産株式会社が、大阪万博の舞台「夢洲(ゆめしま)」の南東に位置する「咲洲(さきしま)」で、大型複合施設の建設を計画。市有地4.4ヘクタールを今年の春に約72億円で取得しました。

 取得した土地には、

  • ホテル
  • 分譲マンション
  • 商業施設

などを開発する予定。増加するインバウンド需要に対応するため、同土地の開発に乗り出しています。

 インバウンド対策で開発が進められている同土地ですが、今後は大阪万博も視野に入れて検討。具体的には、ホテルの部屋数を増やすなど計画を見直す予定です。

 この他にも、近鉄グループホールディングスが、年間200万人が訪れる水族館「海遊館」を夢洲に移転することを検討。さらには、人の流れが「ニシ」に集まることが予想されるため、交通網の再開発なども視野に入れます。

 大阪では、以前からカジノを含めた統合型リゾート施設(IR)の誘致も目指しています。今回、万博開催地が決定したことにより、IRと万博の相乗効果でインバウンドの起爆剤にする考えです。

その他の大阪のインバウンド事業について詳しく知りたい方は「JTBが大阪で新事業を展開。最先端のおもてなしに注目」をご一読ください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38170670W8A121C1960E00/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 「ウサギの島」で人気の広島・大久野島、観光客数過去最高記録を更新

  2. JTBが空港内で農産物の販売をスタート。空港とECサイトの連携で販売網を拡大する狙い

  3. 銀座三越、地下1階の化粧品売り場に最新の案内板を設置。訪日客向けに多言語対応

  4. 札幌商工会議所、インバウンド向けサイトやビジネス交流会を企画

  5. 「観光公害」について観光庁が初の調査を実施。増える訪日客などに向けて対策を検討

  6. KNT関東とクラブツーリズムがテレビ番組「刀剣乱舞 おっきいこんのすけの刀剣散歩」とコラボ!おっきい…

  7. 居酒屋ツアーは欧米圏に大人気?開始5ヶ月で体験者1,000人突破

  8. 「セイコードリームスクエア」が銀座にオープン。セイコーブランド時計の魅力を国内外に発信

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP