Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

LINE Payを海外でも使用可能に。インバウンド業界からキャッシュレス化の流れが加速

11月27日に「LINE Fintech Conference」が開催され、LINE社はグローバル市場でのキャッシュレス決済の取り組みである「LINE Pay Global Alliance」を発表しました。これは、LINE Payの利用者が海外でもキャッシュレス決済ができるようになる協力体制です。

今回の記事では「LINE Pay Global Alliance」の概要に関してお送りします。

世界各国でLINE Payを使用可能に

このアライアンスは、

  • 台湾
  • タイ
  • インドネシア
  • 日本

のLINE Payを相互接続するものです。LINE Payの導入店舗は、各国における利用者の決済をLINE Payで1つにまとめることができます。

LINEのグループ会社であるNaverが展開する「Naver Pay」とも連携し、韓国からのインバウンド客にも対応できるようになりました。今回の取り組みで、日本のキャッシュレス化が進み、訪日客がより快適に買い物をできるようになります。

中国の「We Chat Pay」とも連携

LINEは中国の「We Chat Pay」とも連携し、2019年初旬からサービスを開始します。We Chat PayのQRコードで決済できるため、中国からのインバウンド客にも対応できます。

中国からのインバウンド客が増えているなかで、We Chat Payとの連携はインバウンド業界において追い風になるはずです。なお、LINEは中国では展開しておらず、中国でLINE Payを利用することはできません。

LINE PAYの他に、ソフトバンクとヤフーのジョイントベンチャーであるPayPayも中国決済サービス「AliPay」との連携を発表しました。世界中でキャッシュレス化が進むなかで、日本ではインバウンド業界を発端としてキャッシュレスの流れが活発になりつつあります。

インバウンド対策としてのキャッシュレス対応について詳しく知りたい方は「浜松地域でキャッシュレス化を推進。訪日客の受け入れ体制を整える」もチェックしてみてください。

参考:https://japan.cnet.com/article/35129251/

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 札幌市が官民共同の組織を設立。インバウンドの消費動向を分析して地域活性化につなげる

  2. 公共交通機関のインバウンド対応が2020年度までにおおむね完了。旅行環境の整備で訪日客の受け入れ態勢…

  3. 観光型複合商業施設「ミ・ナーラ」がイトーヨーカドー奈良店跡にリニューアルオープン

  4. 山梨県笛吹市、インバウンド向け観光サイト「THE PEACH CITY」を開始

  5. 福岡観光の活性化を担う福岡オープントップバスを「WEDDING CONCIERGE JAPAN」がフ…

  6. 事件・事故に巻き込まれた外国人に対応 青森県警が「民間通訳人」を募集

  7. JR東日本が中国の大手旅行会社と戦略的提携。地域の魅力などを発信し東日本エリアへのインバウンド誘客を…

  8. 米子空港で訪日外国人旅行者向けに「SIMカード無料配布サービス」開始

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP