インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

オワシスが集客支援サービスを開始。体験教室などを支援して新たなインバウンド需要を発掘

大阪のシステム開発会社であるオワシスは、訪日外国人向けの集客支援サービスをはじめました。その名も「YatteMe!(ヤッテミ!)」。すでに50店舗ほどが登録しています。

今回の記事では、同サービスの内容と、今後の動向について紹介します。

予約や事前決済、多言語にも対応

同サービスは、体験教室などの情報を載せるサイトです。食品サンプルづくりや殺陣などの教室に関する情報を掲載しており、訪日外国人向けに発信します。インターネットを通して

  • 予約
  • 事前決済
  • 英語、韓国語などへの翻訳

をすることが可能です。

QRコードでサイトにアクセスできるカードを配布しており、現在大阪の26ヶ所の宿泊施設に設置済みです。サイトを介して予約が入ったらオワシスは成果報酬を受け取り、配布カードが使用された場合は宿泊施設にも報酬が支払われます。

特定の観光地に需要が集中する事態を変えることが目的

同社の社長である尾張孝吏社長は「大手旅行サイトで紹介されている観光地に需要が集中する状況を変えたい」と、今回のサービスの狙いを語りました。

現在のインバウンド客は、大手旅行サイトで調べた観光地に集まる傾向があり、どうしても競争力で劣ってしまう個人店舗や体験教室は苦戦を強いられています。

今回のサービスでは、そのような事業者も集客できるようになります。インバウンド客にとっても、いままで知らなかった娯楽や体験ができるようになるので、新たな需要をつくり上げるきっかけになる可能性が高いです。

同サービスは、登録店舗が増えたら、宿泊施設の周辺の情報だけを載せるシステムを追加する予定です。これによって、インバウンド客により多彩なサービスを提供できるようになります。

同サービスの今後の動きに注目です。

また飲食店におけるインバウンド集客については「「飲食店のインバウンド集客に必要な対策とは?お店づくりからネット集客までを解説」にて詳しく解説しています。併せてご一読ください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3847353003122018LKA000/

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. インバウンドビジネス協会がオンラインフェスタを開催。低迷する業界を盛り上げるための取り組みに期待

  2. 「発見!体験!埼玉県宿泊型旅行商品コンテスト」優秀賞受賞!~人気コンテンツ「温泉むすめ」コラボ企画~…

  3. ムスリム向けのお好み焼きを提供。千房ホールディングスのインバウンド対策に注目

  4. 改装中の「渋谷パルコ」が11月下旬にオープン。訪日客向けの店舗などを設置し幅広い客層の獲得を目指す

  5. 日本で1人1,000円の出国税がスタート。税金は旅行環境の整備やインバウンド誘致のために

  6. イオンが「みえる通訳」を導入。東南アジアの言語にも対応できる体制を整える。

  7. JR東日本が『ili PRO』と『iliインバウンド』を導入。新機能を使ってインバウンド対策

  8. インバウンドコールセンター向けの無料通話サービスが登場。魅力は無料通話と格安料金

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP