店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか? 店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

サイクリングロード「太平洋岸自転車道」を整備。インバウンド集客で地域観光の復活へ

国土交通省は2020年の東京オリンピックやパラリンピックに向けて、サイクリングロード構想「太平洋岸自転車道」の早期実現を目指して動き出しました。

具体的には、既存の一般道路に看板を設置し、サイクリングロードとして道を整備します。

この構想は、千葉県から神奈川県内を経由して、和歌山県までつなぐサイクリングロードの開拓事業です。

国や沿線自治体が協力して開発していましたが、1969年に全体構想が発表されてから、現在までに6割程度しか整備できていません。

国土交通省は、国内外のサイクリング愛好家に利用してもらうため、

  • 千葉
  • 神奈川
  • 和歌山
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重

の6県、他にも静岡市や浜松市と協力して整備を推し進めます。

道路の看板や標識を外国人にも分かりやすいデザインで統一

今回の計画では、インバウンド集客の相乗効果が見込める東京オリンピック期間までに、サイクリングロードの看板を設置します。

デザインは、訪日客にも分かりやすいもので統一。また、走行ルートや沿線にある観光施設などを記した地図を、スマートフォンなどのICT(情報通信技術)を活用して発信する予定です。

これにより、初めて訪れた外国人客などがサイクリングで道に迷わないように対策します。

沿線では休憩施設などを設けて観光復興につなげる

神奈川県の大磯町から小田原市を結ぶ「西湘バイパス」沿いでは、約2.4キロ区間で休憩施設を設置。20台ほどの自転車を駐輪できる施設を設けます。

施設内では、温水シャワーが利用できるなどサイクリングロード利用者が立ち寄りやすい仕組みを構築。休憩施設で疲れた体を癒し、観光につなげることで地域の観光復興を狙います。

国土交通省は、今回の計画で訪日客を含めたサイクリング愛好家への情報発信を強化。2020年の東京オリンピックまでに、「太平洋岸自転車道」の整備を進めます。

この試みでさらなるインバウンド誘客を行い、2020年の「訪日外国人旅行者4,000万人」を目指します。

東北におけるサイクリングでのインバウンド誘客について詳しく知りたい方は「東北を縦断するサイクリングツアーが実施。インバウンド客を「コト消費」で呼び込む」をご一読ください。

参考:http://www.kanaloco.jp/article/377950

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 神奈川県厚木市、外国語メニューなどに補助金を提供する新制度を導入

  2. ANA、特別機内食に世界初の米粉パンを提供。アレルギーや宗教などに対応、誰もが楽しめる食事に

  3. 札幌商工会議所、インバウンド向けサイトやビジネス交流会を企画

  4. 「セイコードリームスクエア」が銀座にオープン。セイコーブランド時計の魅力を国内外に発信

  5. 世界遺産の街・姫路に「城下町100%体験」お座敷カフェラウンジをつくる!

  6. 職人に特化したインターネット活用支援コミュニティ『CRAFT MAKERS』を開始

  7. 【地方出張歓迎】ユニヴァ・ペイキャスト、米子商工会議所・境港商工会議所でインバウンド受け入れ対策に関…

  8. 忍者カフェ、甲冑体験ができるコラボ企画を実施。多くの和体験を訪日客に提供する

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP