• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

サイクリングロード「太平洋岸自転車道」を整備。インバウンド集客で地域観光の復活へ

国土交通省は2020年の東京オリンピックやパラリンピックに向けて、サイクリングロード構想「太平洋岸自転車道」の早期実現を目指して動き出しました。

具体的には、既存の一般道路に看板を設置し、サイクリングロードとして道を整備します。

この構想は、千葉県から神奈川県内を経由して、和歌山県までつなぐサイクリングロードの開拓事業です。

国や沿線自治体が協力して開発していましたが、1969年に全体構想が発表されてから、現在までに6割程度しか整備できていません。

国土交通省は、国内外のサイクリング愛好家に利用してもらうため、

  • 千葉
  • 神奈川
  • 和歌山
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重

の6県、他にも静岡市や浜松市と協力して整備を推し進めます。

道路の看板や標識を外国人にも分かりやすいデザインで統一

今回の計画では、インバウンド集客の相乗効果が見込める東京オリンピック期間までに、サイクリングロードの看板を設置します。

デザインは、訪日客にも分かりやすいもので統一。また、走行ルートや沿線にある観光施設などを記した地図を、スマートフォンなどのICT(情報通信技術)を活用して発信する予定です。

これにより、初めて訪れた外国人客などがサイクリングで道に迷わないように対策します。

沿線では休憩施設などを設けて観光復興につなげる

神奈川県の大磯町から小田原市を結ぶ「西湘バイパス」沿いでは、約2.4キロ区間で休憩施設を設置。20台ほどの自転車を駐輪できる施設を設けます。

施設内では、温水シャワーが利用できるなどサイクリングロード利用者が立ち寄りやすい仕組みを構築。休憩施設で疲れた体を癒し、観光につなげることで地域の観光復興を狙います。

国土交通省は、今回の計画で訪日客を含めたサイクリング愛好家への情報発信を強化。2020年の東京オリンピックまでに、「太平洋岸自転車道」の整備を進めます。

この試みでさらなるインバウンド誘客を行い、2020年の「訪日外国人旅行者4,000万人」を目指します。

東北におけるサイクリングでのインバウンド誘客について詳しく知りたい方は「東北を縦断するサイクリングツアーが実施。インバウンド客を「コト消費」で呼び込む」をご一読ください。

参考:http://www.kanaloco.jp/article/377950

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

この記事と併せて読まれている記事

  1. 淡路島、配車サービスUberの導入実験を開始。インバウンド客の利便性アップへ

  2. 京都でインバウンド客の子どもを預かるサービスが開始。水墨画など日本文化の体験も可能に

  3. 月間PV数350万以上の香港向け訪日インバウンドメディア「LIKE JAPAN」が日本国内で広告サー…

  4. Vpon JAPANが広告の効果検証ができるマップを作成。広告との接点や訪れた地域を可視化

  5. 北海道と関西でインバウンド向けのキャンペーンを開始。風評被害払拭に尽力

  6. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

  7. 伊予鉄タクシーが「Pay Pay」を導入。インバウンド対策として注目

  8. 岡山県岡山空港、国際線の大幅増で初の25万人突破

インバウンド対策で重要なメニュー多言語化。翻訳サービスを紹介します【無料あり】

バイリンガル派遣の需要が増加中。その背景と派遣を選ぶポイントについて解説します

PAGE TOP