店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか? 店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

2018年の訪日客数が3000万人を突破。東京五輪に向けて順調な推移

日本を訪れた外国人観光客が、12月18日に3000万人を突破しました。政府は、東京オリンピックが開催される2020年には訪日観光客を4000万人にする目標を掲げています。今年3000万人を突破したことで、それも現実的な数字になってきました。

今回の記事では、訪日観光客の人数の推移に関してお送りします。

訪日観光客は右肩上がりで増加

政府の調査によると、訪日観光客が1000万人を突破したのは2013年です。その後は右肩上がりで増加し、16年には2000万人を上回りました。政府がビザ発給要件の緩和や、航空路線の拡大に力を入れていることが、後押しになっています。

今年度に関しては、12月6日の時点で2900万人を突破し、18日には3000万人を超える見通しになっていました。その見通しの通り、訪日客数は順調に推移し、18日には3000万人を超えました。

政府関係者によると、2018年の最終的な訪日客は3100万人程度になるとされています。過去最多は2017年の2869万人で、今年はその記録を大きく更新することができました。今後も訪日客の増加に期待ができそうです。

アジア圏からの訪日客が増加

2018年の上半期は、東アジアからの訪日客が増加しました。前年比15.6%増の1589万9000人で、日本はアジアの国々から人気が高いことがわかります。

9月には台風21号による関西空港の閉鎖や、北海道の地震の影響で訪日客は減少してしまいました。その後は回復し、今回のような大幅な記録更新に繋がりました。

来年も、アジア圏を中心に訪日客は増える見通しです。インバウンド関係者は対策を迫られるので、今後の情報に注目です。

2018年の上半期の訪日客数については「JNTO、上半期の訪日客数を発表。2020年の目標に向けて順調に推移」にて詳しく解説しています。併せてご一読ください。

参考:http://www.sankeibiz.jp/macro/news/181218/mca1812180500004-n1.htm

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. インバウンド対応に特化した英会話サービスを開始

  2. 大津市でシェアサイクルサービス開始、交通利便性を向上し地域活性化に繋げる

  3. 日本茶専門店のインバウンドPR動画が公開。海外YouTuberと連携し日本茶の魅力を伝える

  4. 厚生労働省が外国人受け入れの医療機関を増設。多言語への対応が迫られる

  5. 石川県の小松空港、韓国やタイとの定期便就航などの訪日観光対策を会議

  6. ホテル大手マリオットと積水ハウスが道の駅にホテルを設置。リピーター開拓が狙いか

  7. 青森市、ねぶた祭に合わせて無料Wi-Fiなどのインバウンド対応を実施

  8. ANA(全日本空輸株式会社)とトリップアドバイザー、特集コンテンツで地域活性化を図るコラボ企画が始動…

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP