Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

JR西日本が訪日客向けにネットでのきっぷ予約をスタート。さらなる利便性アップへ

JR西日本は、訪日客向けにインターネットできっぷの購入ができるサービスを、2019年3月から開始します。インバウンド客をターゲットとしており、より便利に国内の移動をしてもらうことが目的です。

今回の記事では、JRの取り組みと、同サービスの内容についてお送りします。

ネットで予約後、窓口で切符の受け取りが可能

同サービスの利用者は、JRのホームページで商品情報や利用するエリアを確認したあとに予約をします。インターネットを使うので、海外からの予約も可能です。

その後、JRの

  • みどりの窓口
  • 「5489サービス」の表示のあるみどりの券売機

できっぷを受け取れます。注意点としては、訪日客が利用する場合にはパスポートリーダーがある券売機のみ利用できる点です。

本国にいるときに予約ができるので、到着してからの面倒な手続きや言語の違いによるコミュケーションミスを防ぐことができます。

広範囲のきっぷが予約可能に。多言語にも対応

予約できるきっぷは、新幹線が

  • 北陸新幹線
  • 東海道・山陽新幹線
  • 九州新幹線
  • 上越新幹線
  • 東北新幹線(一部区間のみ)

で、特急が

  • JR西日本
  • 四国
  • 九州
  • 東海
  • 東日本の一部エリア

です。

言語は

  • 英語
  • 中国語(繁体字、簡体字)
  • 韓国語

に対応しています。

決済は、予約の際にクレジットカードで済ませるシステムです。また「JR-WEST RAIL PASS」などの、訪日客専用商品のネット販売も開始します。こちらは2019年5月から解禁される予定です。

JRは、携帯翻訳機を導入するなど、インバウンド対策に力を入れています。今回のきっぷ予約サービスも、訪日客の利便性を高めるための取り組みです。

さまざまな角度からインバウンド対策をする姿勢は、他の業種や企業でも参考にできます。訪日客を意識した施策がしたい方は、JRの取り組みに注目です。

JRのインバウンド対策については「JR東海、74言語に対応した携帯翻訳機を導入。訪日客の疑問にすばやい対応が可能」にて詳しく解説しています。併せてご一読ください。

参考:https://news.mynavi.jp/article/20181220-743753/

[anamedia]

関連記事

  1. 大分県でインバウンド情報を発信するホームページ「インバウンド大分」が開設

  2. ANA「Tastes of JAPAN by ANA -Explore the regions-」九…

  3. 伊藤忠商事とリンベルが業務提携。中国人富裕層むけに新事業を開発

  4. カラオケボックスチェーン「ビッグエコー」はWeChat Payを導入

  5. 奈良県斑鳩町の観光案内所がインバウンド向けの体験プログラムを提供。周遊プランで訪日客の長期滞在につな…

  6. 国土交通省などが提供する訪日客向けのETC乗り放題プラン。インバウンドの二次交通利用を促進

  7. 観光庁、JNTOの多言語化やサポート体制を強化。インバウンド客にスムーズな災害情報の提供を行う

  8. 宿泊施設支援型コンシェルジュサービス「GOYOH」、インバウンド・ウルトラ富裕層向けに高級レストラン…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP