Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

黒部ビューホテルが食をバリアフリー化。食事制限のあるインバウンド客などに対応

長野県大町市の温泉観光ホテル「黒部ビューホテル」は、食のバリアフリー化を12月22日より実施しました。

食のバリアフリー化とは、

  • 食物アレルギーの表示
  • 摂取カロリーの制限
  • 幼児や高齢者にも食べられる食事を提供
  • 宗教上で制限されている食事や調理法の表示

です。

黒部ビューホテルでは、宗教上の理由で食べられないものがある訪日客や、食物アレルギーなどの食事制限がある顧客に対応。料理の原材料や調味料に含まれる材料を、分かりやすい表示形式で導入します。

今回の試みは、内閣府が推し進める「平成30年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査に係る試⾏プロジェクト」の一環です。

このプロジェクトをきっかけに同ホテルは、国内外から訪れる観光客が安心して食事を楽しめるような仕組みづくりを目指します。

14種類のアイコンや多言語表記で食事の材料を表示

黒部ビューホテルは、宿泊客に好評の朝食バイキングなどに食のバリアフリー化を導入しています。

提供する食事には、

  • アレルギー
  • ハラルフード(イスラム教で許可された食材や料理)
  • ベジタリアン

に対応した14種類のアイコンで表示。どんな材料が含まれているのか分かりやすい工夫を施しています。

また訪日客向けに、英語や中国語などの多言語で表記。食の規制が厳しい外国人にも配慮します。

食のバリアフリー化を実施している地域や企業は他にもあります。具体的な事例については、次の章をご覧ください。

2020年に向けた食文化のグローバル化を実施する事例

長野県大町市以外にも、内閣府の「平成30年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査に係る試⾏プロジェクト」として実施する地域があります。

北海道札幌市では、NTT東日本北海道や北洋銀行などが「食のバリアフリー対応メニューシステム(仮称)」を開発。

このシステムは、訪日客を1つのターゲットとしています。スマホなどのIoT技術の活用によって、食材や加工方法の情報を電子化して伝えます。

また沖縄県糸満市は、最近急増しているインバウンド需要に対応するため、民泊事業者の育成を強化。その一環として、食のバリアフリー化を取り入れています。

12月9日には、食のバリアフリーに対応した開発商品8品のお披露目イベントを、糸満市のうまんちゅ市場で開催。沖縄の食文化を、外国人にも楽しんでもらうことが狙いです。

この他にも、

  • 山形県
  • 栃木県宇都宮市
  • 福井県福井市

で実証実験を踏まえた先進的な取り組みを行う予定です。

2020年のオリンピックやパラリンピックに向けて、日本は食に対するアプローチでインバウンド対策を整えます。今後、さらなる発展が予想される食のバリアフリー化に注目です。

インバウンド集客に必要な食の対応について詳しく知りたい方は「インバウンド集客に必要なベジタリアンやビーガンへの対応とは?知っておきたいポイントや事例を解説」をご一読ください。

参考:http://tiiki.jp/news/01_news/4269.html

 

[anamedia]

関連記事

  1. VISAが国内でのタッチ決済を本格化。訪日客も視野に入れてキャッシュレス推進へ

  2. 関東で訪日客向けの「PASMO」発売。割引などの特典でICカード利用を促進

  3. アイリスオーヤマが心斎橋に展示場を設置。訪日外国人へ自社商品をアピール

  4. 高松市で訪日客を支援する学生ボランティア活動が開始。道案内などで市のイメージアップを図る

  5. 外国人富裕層の獲得を目指すインバウンド支援を開始します。インバウンドセミナーシリーズ 参加者を募集

  6. ANA、訪日旅行客向けサイト「Japan Travel Planner」を新設

  7. 地域を元気に!ご当地プロレス最大級のお祭り!武藤敬司プロデュース“プロレスフェス2018” 2018…

  8. 民泊事業を展開する4社が業務提携。宿泊施設などの運営をより効率よく

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP