店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか? 店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

JTBが空港内で農産物の販売をスタート。空港とECサイトの連携で販売網を拡大する狙い

JTBは12月26日、新事業の発表をしました。同社の運営する越境ECサイト内で、中部国際空港内の国産農水畜産物店の商品の販売と宅配をするというサービスです。

今回の記事では、同社の新サービスと、その内容に関してお送りします。

空港と連携することで、販売網を広げる狙い

JTBが運営するこのECサイトは「ジェイズアグリ」というサイトです。昨年9月からサービスを開始しています。

今回の取り組みでは、空港と連携することで販売網を拡大するのが狙いです。

サービスの対象となるのは長野県産リンゴや岐阜県産のイチゴなどの3品目。このうち愛知県産のみかんは、来年1月にも取り扱いをはじめます。商品の数は、これから増やしていく方針です。

海外への配送のほか、出国時の受け取りも可能に

「ジェイズアグリ」では注文を受けたあと、シンガポールや香港などの自宅に商品を配送します。出国日の7日前までに注文すれば、中部国際空港で商品を手渡すサービスもあります。

中部国際空港は訪日客だけではなく、地元企業の業務渡航者も多いです。ジェイズアグリは海外の取引先への手土産として、日本人の利用が多くなる可能性も秘めています。

同社は自社ECサイトと連携した実店舗「Js’ Agri Market(ジェイズアグリマーケット)」を関西国際空港内にオープンしました。他の訪日客の利用が多い空港にも出店交渉を進めており、訪日客の土産消費を増やす狙いです。

その一方で、生産農家と連携して農泊需要を発掘し、観光事業にもつないでいく狙いもあります。多様な方面からインバウンド対策をする同社の取り組みは、他業種にも参考できるポイントが多いはずです。

JTBの今後の事業展開に注目です。

JTBのJs’ Agri Market(ジェイズアグリマーケット)については「JTBが関西国際空港で農作物の販売を開始。ECサイトとの連携で売り上げアップを目指す」にて詳しく解説しています。併せてご一読ください。

参考:https://www.sankei.com/west/news/181226/wst1812260059-n1.html

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 月間PV数350万以上の香港向け訪日インバウンドメディア「LIKE JAPAN」が日本国内で広告サー…

  2. JR東海が法人向け英語学習サービスを導入。現場の英語力アップで訪日客の受け入れ体制を強化

  3. 北海道すすきの、土地の再開発などで訪日客が集まる夜の街へ

  4. 沖縄の夜を彩る、新イルミスポットをネイキッドが演出!

  5. 「IKIDANE NIPPON」公式アプリが30万ダウンロード突破。インバウンド向け情報を幅広く発信…

  6. ジェットスターグループが日本情報誌を発行。アジアを中心とした訪日客に観光スポットをPR

  7. 富士見町開発合同会社とヒルトン、運営契約を締結

  8. 日本国内の約5万件のホテル・旅館・民泊を一括検索、比較ができるiOSアプリ「WithTravel」を…

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP