無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版 無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版

日本で1人1,000円の出国税がスタート。税金は旅行環境の整備やインバウンド誘致のために

日本では、2019年1月7日から「国際観光旅客税(出国税)」の徴収が始まりました。新しい国税が定められるのは、実に27年ぶりとのことです。

出国税は、日本から出国する際に1人1,000円の税金を徴収される制度です。日本から出国する全ての人が対象になります。

ただし、

  • 2歳未満の幼児
  • 乗継などで入国から24時間以内に出国する人
  • 悪天候などの理由により日本に緊急着陸で入国した人

は対象外です。

徴収方法は、航空券やツアーを購入する際に料金に上乗せされる「オンチケット方式」を採用しています。そのため、何かしらの手続きをする必要はありません。

財務省によると徴収した出国税は、

  • 入出国時における顔認証システムの増設
  • 訪日客向けの多言語案内板の設置

などの用途に使われます。主に快適に旅行できる環境の整備や、訪日客を誘致するための体制作りを行う予定です。

海外では多くの国が出国税を導入

日本で今年から始まった出国税ですが、海外でもすでに多くの国が導入しています。

具体的には、

  • アメリカ:14ドル(約1,540円)
  • 韓国:1万ウォン(約975円)
  • オーストラリア:60オーストラリアドル(約5,280円)

などです。アジア諸国は1,000〜2,000円程度であるため、日本の出国税もそれらの金額を基準に決定されています。

日本の2017年の出国者数は、訪日客と日本人の合計で4,658万人となっており、約460億円の増収が見込めます。

出典:観光庁「出入国者数」http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/in_out.html

財務省は、この税金でよりスムーズな出入国管理システムの構築や、訪日客が利用する施設の利便性向上を目指す考えです。

出国税を含めた日本の「観光税」について詳しく知りたい方は「増える「観光税」出国税や宿泊税は、設備の改善やインフラ整備に使用予定」をご一読ください。

参考:https://www.aviationwire.jp/archives/164296

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. JTBが2019年の訪日客数を3,550万人と予測。ラグビーW杯などでさらなる追い風に

  2. Wi-Fiアライアンスが新しい暗号化技術を用いた「WPA3」を発表、Wi-Fi接続のセキュリティ強化…

  3. ソフトバンクと中国配車サービス会社が新事業を開始。新たなビジネスモデルに注目

  4. 舞鶴市と韓国間を結ぶ国際フェリー、試験運航で訪日客の増加を狙う

  5. “かんきつ王国”愛媛を満喫。サイクリングで観光復興支援!えひめオレンジサイクリングを開催!

  6. 日本法人バイドゥが訪日中国人のアンケート調査を実施。日本の正規商品は旅行時に購入

  7. JR西日本が訪日客向けにネットでのきっぷ予約をスタート。さらなる利便性アップへ

  8. インバウンド向け中古マンション販売に向け、2社が業務提携。AIや海外の不動産販売ノウハウを活用

地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP