セブンイレブンが民宿鍵の受け取りサービスを発表、6月15日施行の住宅宿泊事業法に合わせて開始

 4月18日セブンイレブンジャパンが民宿の鍵の受け取りサービスを6月15日に始めると発表しました。国内・海外旅行の予約サービスを行なっているJTBとの共同で、民宿向けのサービスを行うとのことです。

 サービス名は「フロントデスク24」。24時間365日いつでも利用者に対応できるよう共同開発した、無人で合法的な民宿チェックイン機「セブンチェックイン機」を順次設置し、インバウンド客を中心にした宿泊施設の事業展開を行っています。

 インバウンド集客に力を入れており、日本語・英語・韓国語・中国語(簡体字、繁体字)の5ヶ国語に対応しています。また宿泊時のトラブル等なども、24時間対応の多言語コールセンターを設置することによって、万全のサポート体制にしていくものと思われます。

「セブンチェックイン機」導入後の具体的な流れ

「セブンチェックイン機」導入後の具体的な流れは

  • 宿泊施設サービスを利用し予約
  • セブンチェックイン機導入店舗に訪れる
  • 宿泊予約番号入力
  • 宿泊名簿登録
  • パスポート(旅券)画像撮影
  • 顔写真撮影
  • パスポート画像・顔写真一致確認で宿泊名簿完了(チェックイン完了)
  • キーロッカーの鍵引き渡し暗証番号提示
  • ロック解除で部屋の鍵抜き取り

となります。

顔認証は、JTBが設ける24時間対応のコールセンターで目視確認を行い認証するということです。要するに宿泊施設のフロント業務を、セブンイレブンで無人代行する形になります。

 今年6月15日に施行予定の住宅宿泊事業法(民泊新法)に合わせた動きとのこと。住宅宿泊事業法が施行されると、管轄の自治体の届出をすることによって、一般の住宅でも簡易的な有料の宿泊施設として利用できるようになります。

 東京都からサービスを開始し、約4ヶ月後の2018年10月までに50店舗への導入を予定しており、2018年の実証データを元に、2020年度までには1000店舗を目指しているとのことです。

この構想が実現できれば、都心部だけでなく様々な観光地へのインバウンド集客に大いに貢献できることが伺えます。

参考:https://www.sej.co.jp/company/news_release/news/2018/2018041811.html

関連記事

  1. ファミマと民泊サービスAirbnbが業務提携、コンビニによる民泊チェックインサービスが活発化

  2. 東急ホテルズ、訪日外国人サポートを強化した保険セット宿泊プランを開始 

  3. 観光型複合商業施設「ミ・ナーラ」がイトーヨーカドー奈良店跡にリニューアルオープン

  4. 仙台空港から有名観光地を繋ぐ直行バスPR動画を宮城県が公開、3ヶ国語の字幕付きでインバウンドもターゲ…

  5. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

  6. アニメツーリズムインフォメーションが成田空港にオープン。インバウンドの消費促進も狙った仕掛けとは?

  7. 増える「観光税」出国税や宿泊税は、設備の改善やインフラ整備に使用予定

  8. 尾花沢市でインバウンド対応強化 音声翻訳機10台導入で5ヶ国語に対応

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP