セブンイレブンが民宿鍵の受け取りサービスを発表、6月15日施行の住宅宿泊事業法に合わせて開始

 4月18日セブンイレブンジャパンが民宿の鍵の受け取りサービスを6月15日に始めると発表しました。国内・海外旅行の予約サービスを行なっているJTBとの共同で、民宿向けのサービスを行うとのことです。

 サービス名は「フロントデスク24」。24時間365日いつでも利用者に対応できるよう共同開発した、無人で合法的な民宿チェックイン機「セブンチェックイン機」を順次設置し、インバウンド客を中心にした宿泊施設の事業展開を行っています。

 インバウンド集客に力を入れており、日本語・英語・韓国語・中国語(簡体字、繁体字)の5ヶ国語に対応しています。また宿泊時のトラブル等なども、24時間対応の多言語コールセンターを設置することによって、万全のサポート体制にしていくものと思われます。

「セブンチェックイン機」導入後の具体的な流れ

「セブンチェックイン機」導入後の具体的な流れは

  • 宿泊施設サービスを利用し予約
  • セブンチェックイン機導入店舗に訪れる
  • 宿泊予約番号入力
  • 宿泊名簿登録
  • パスポート(旅券)画像撮影
  • 顔写真撮影
  • パスポート画像・顔写真一致確認で宿泊名簿完了(チェックイン完了)
  • キーロッカーの鍵引き渡し暗証番号提示
  • ロック解除で部屋の鍵抜き取り

となります。

顔認証は、JTBが設ける24時間対応のコールセンターで目視確認を行い認証するということです。要するに宿泊施設のフロント業務を、セブンイレブンで無人代行する形になります。

 今年6月15日に施行予定の住宅宿泊事業法(民泊新法)に合わせた動きとのこと。住宅宿泊事業法が施行されると、管轄の自治体の届出をすることによって、一般の住宅でも簡易的な有料の宿泊施設として利用できるようになります。

 東京都からサービスを開始し、約4ヶ月後の2018年10月までに50店舗への導入を予定しており、2018年の実証データを元に、2020年度までには1000店舗を目指しているとのことです。

この構想が実現できれば、都心部だけでなく様々な観光地へのインバウンド集客に大いに貢献できることが伺えます。

参考:https://www.sej.co.jp/company/news_release/news/2018/2018041811.html

関連記事

  1. 訪日ベトナム人向けに都内観光・通訳などをサポートする「Loco-Assist」サービスを開始

  2. JTBが関西国際空港で農作物の販売を開始。ECサイトとの連携で売り上げアップを目指す

  3. JNTO、インセンティブツアーの誘致セミナーを開催、マレーシアの旅行代理店関係者に日本の企業などがア…

  4. インバウンド向け不妊治療ツーリズム事業を開始。

  5. PayPayがAlipayと連携。中国人インバウンド客の増加を図る

  6. 多言語AIチャットボット「talkappi」が災害情報の提供機能を追加。AIによる自動対応で人手不足…

  7. 「ウサギの島」で人気の広島・大久野島、観光客数過去最高記録を更新

  8. 「3 in 1 SIM」が登場。SIMのサイズで迷うことがなくなり、訪日外国人の利便性向上に

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP