インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ムスリム向けのお好み焼きを提供。千房ホールディングスのインバウンド対策に注目

お好み焼き店をチェーン展開する千房ホールディングスは今月、ムスリム向けのお好み焼き店を開きます。イスラム教徒の戒律に従った、豚肉を使わないお好み焼きを提供する方針です。

今回の記事では、千房ホールディングスの取り組みと、訪日客の増加による食の多様性についてお送りします。

ムスリムの来日が増加。飲食店は対応に迫られる

2018年に日本を訪れた外国人旅行客は、3119万人でした。そのなかでも、インドネシアやマレーシアなど東南アジアからの旅行者が増えており、イスラム教徒が多く来日しています。

イスラム教徒のなかでも厳しい戒律を守るムスリムは、豚肉やアルコールをとることができません。彼らにも大阪のソウルフードであるお好み焼きを楽しんでもらいたいということで、今回の取り組みが始まりました。

大阪の道頓堀に開かれる千房ホールディングスのムスリム向け店舗では、約20席がムスリム専用です。豚肉を使わず、牛肉や海鮮を使ったお好み焼きを提供します。調味料もアルコールを含まないものを使用するなど、細かい点も徹底しています。

ムスリムの訪日客が祈祷をできるように、祈祷室も設置しました。アルバイトにもムスリムの留学生を雇うなど、接客にも余念がありません。

東南アジアからの旅行者は今後も増える見込み。飲食店は対応に迫られる

東南アジアは経済成長が著しく、イスラム教徒の多いマレーシアやインドネシアからの訪日客が増えています。

日本政府観光局によると、2018年の1〜11月にはマレーシアから40万700人(前年同期比6.9%増)、インドネシアからは34万2900人(同14.3%)が日本を訪れました。

千房ホールディングスの道頓堀店舗は、来客者の8割が訪日客です。電話予約で「豚肉のないお好み焼きはできますか」という問い合わせも増えており、食文化も多様化したおもてなしが必要になっています。

ムスリムに対応したメニューを提供した飲食店は、SNSで口コミが広がり、訪日客のリピーターがつくことも。多様な食文化に対応したメニューにすることで、自店舗の収益アップにも繋がります。

訪日客対策をしたい飲食店は、千房ホールディングスの取り組みが参考になるはずです。

インバウンド対策は他のお好み焼き店でも取り組まれています。詳しくは「大阪市のお好み焼き屋・ちとせから学ぶ、インバウンド客が来店したくなる5つの対応」にて詳しく解説しています。

参考:https://www.sankei.com/west/news/190114/wst1901140018-n1.html

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 凸版印刷とTISが訪日客向け予約サイトを開発。多言語対応と自動予約システムに注目

  2. 難波(大阪市)にエディオンがオープン。忍者体験、キャッシュレスなど充実のサービスで訪日客を呼び込む

  3. テクノブレイブ社が病院内の案内板をAR翻訳するアプリを開発。訪日客が利用しやすい医療環境へ

  4. JR東海がラグビーワールドカップに向けた商品を発売。周遊きっぷなどで訪日客を集客

  5. 別府がAirbnbとの提携で温泉地を世界に発信。ラグビーW杯に向け、インバウンド客の受け入れ体制を広…

  6. インバウンド対策の強化を九州が宣言。欧米豪からの観光客増加を狙う

  7. 会津若松市がサムライをテーマにしたツアーを展開。オリンピック観戦に訪れた訪日客を呼び込む

  8. 三陽商会がリニューアルオープンする店舗に「フリギー購」を導入。訪日客の旅マエから商品を提案

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP